G.Kワールドビジネスインベストメントとシエンコ4が合弁会社を設立

  • 2021/8/20
  • G.Kワールドビジネスインベストメントとシエンコ4が合弁会社を設立 はコメントを受け付けていません
日本とベトナムとの合弁会社設立

引用元:「入札新聞」(2021年8月13日)

シエンコ4(CIENCO4)はこのほど、日本のG.Kワールドビジネスインベストメントと合弁会社『シエンコ4ジャパンブリッジ(C4JB)株式会社』を設立すると発表した。C4JBは、ベトナムで家具の供給・設置事業を行っていく。資本金は123億ドン(約6,150万円相当)で、両社がともに49.67%を出資し、残りの0.66%を個人1名が出資する。提出した経営案は承認を受け、ハノイ市計画投資局から投資証明書と企業登録証明書を取得している。会長には横山氏が就任する。

C4JBは資本金を投入し、各種サービスを開始する予定だ。展開するサービスには、建設サービス、設備取り付けサービス、建設地における工事前業務遂行サービス、一般建築物建設サービスがあり、水回り設備や空調設備の販売・修繕・交換も行う。そして、シエンコ4が所有、または関係しているホテルやオフィスビル、マンションにサービスを展開し、シエンコ4の顧客グループを核として全国へサービスを拡大する予定である。

熟練した専門技術と豊富な経験を備えたプロフェッショナルな社員が揃うC4JBは、企業努力を重ね、トップレベルの家具・工業用設備の販売・設置サービスを提供する会社となった。各種サービスを最高級の品質、他社に負けない価格で提供し、顧客のあらゆるニーズを満たしている。また、同社はコンサルティングサービスや風力、太陽光といった再生可能エネルギーの開発・販売、最新技術を導入した先進的農業の商業化・一般化、技能実習生の教育研修・派遣も行う予定である。

C4JBは会社を成長させ、信頼を集める企業となるため、日本の投資企業であるG.Kワールドビジネスインベストメントと共に、建設業界でブランド力と定評のあるシエンコ4グループの強みを生かしていく。

シエンコ4は日本の政府開発援助(ODA)による大型工事を日本の建設会社とともに受注するなど、実績のある大手建設会社である。合弁会社の設立により建築業界でもさらに日越の経済連携が深まってほしい。(ベトナムニュース邦訳ライター 鶴田 志紀)

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

マッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。特定都市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


ベトナム現地ニュース記事一覧へ戻る

ページ上部へ戻る