カントー市は投資誘致活動のデジタル化を促進

  • 2021/1/22
  • カントー市は投資誘致活動のデジタル化を促進 はコメントを受け付けていません
ベトナム・カントー市の夜景

引用元:経済推進情報サイト「カントープロモーション」

第4次産業革命では、特に世界でのCovid-19の流行が非常に複雑な場合、オンラインでの投資呼びかけを促進することは不可欠な傾向である。したがって、カントー市は、投資を呼びかける際にデジタル変革を促進する必要もある。

上記の情報は、1月12日の午後、カントー貿易投資促進展示センターがこの地域で主催した「2020年の投資促進活動をまとめ、2021年のタスクを展開」の会議上で発表された。

会議上、ベトナム商工会議所カントー支部(VCCI)の副所長であるグエン・ティ・トウオン・リン氏は、投資の呼びかけに関して、世界がCovid-19の流行に支配されているかどうかにかかわらず、投資促進のオンライン活動は不可欠であると述べた。

リン氏は、今期のカントー市の決議において、地方や各部門の活動におけるデジタル技術開発の方向性が特定されているかどうかわからないが、カントー市の計画では、この問題(デジタル技術の促進)に大きな注意を払うことを期待していると強調した。カントー市は メコンデルタ地域の中心地であり、主導的な役割を果たす必要がある。

リン氏によると、ドンタップ省はデジタル技術開発において先駆的な省になることを目指している。したがって、「私たち(カントー市)がそれに焦点を合わせなければ、それは非常に無駄なことです」と彼女は述べた。

リン氏によれば、デジタル技術を開発するために、ハードウェアで行う必要があることの1つは、カントー市に地域および国際的なオンライン会議を開催する場所がなければならないということである。これは「市とカントー貿易投資促進展示センターの支援があれば、今後数年間は非常に便利である。今年は今期の最初の年に過ぎないから」と彼女は言った。 リン氏が指摘した問題の1つは、デジタル化を適切に実装するために、各機関と部門の協力が非常に重要となる点である。「カントー貿易投資促進展示センターの活動だけでは成功することはできないため、計画機関である計画投資局、新世代の貿易協定を実施する貿易産業局などの代表的な機関の支援が必要である。」と彼女は言った。

以前、カントー貿易投資促進展示センターの副所長であるグエン・ティ・キエウ・ズエン氏は、2021年の投資促進の方向性について、センターが韓国、日本、シンガポール、米国、台湾、インドの投資家、生産チェーンの大手技術グループ企業、ハイテクパートナーからの投資を誘致するプロジェクトを準備すると述べた。「国内のパートナーに向け、国内の投資家や企業からの投資を引き付けるために、貿易、サービス、観光に関するプロジェクトを準備する」と彼女は述べた。 ズエン氏によれば、輸出貿易促進活動については、センターは他国におけるベトナム貿易カウンセラーや受入国の機関と連携し、各企業の輸出市場の拡大を積極的に支援していく。一方、フェアの活動については、当センターがオンサイトサービス提供の品質向上に焦点を当て、新しい状況下でパートナーの要求に応えると述べた。

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

マッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。特定都市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


ベトナム現地ニュース記事一覧へ戻る

ページ上部へ戻る