ベトナム産バナナが日本で店頭に並ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ベトナム産バナナ

引用元:Bnews(2021年6月27日)

6月25日~27日、日本では「ベトナムウィーク」が開催され、ベトナム産バナナが日本市場に登場した。

イベントでは、ライチやドラゴンフルーツとともにベトナム産バナナが日本の消費者の関心を集め、イベントに来ていた会社員の男性はベトナム産バナナについて、非常においしく、これからも頻繁に買うようになるだろうと話した。

ベトナムウィークを開催したイオンで執行役を務める岡崎双一氏によると、「現在、日本はエクアドル、フィリピン、台湾といった多くの場所からバナナを輸入していますが、ベトナム産バナナはおいしく、風味も優れています。今後、ベトナム産バナナの輸入に注力していきたいです。」と述べた。ベトナム産バナナは価格競争力や品質が高く、日本の市場でも渡り合っていくことができるだろうと岡崎氏は考えている。

イオンでは、バナナに加えベトナム産リュウガンを輸入する計画を立てており、日本の各グループ店舗で販売する予定だ。岡崎氏によると、日越両国はそれぞれ、日本産マンダリン、ベトナム産リュウガンを相手国へ輸出することに合意している。

日本でのベトナムウィークは、イオンが駐日ベトナム大使館商務部と提携して毎年開催しているイベントである。イオンは2025年までに、日本国内の各店舗におけるベトナム製品の総売上を10億米ドルへ伸ばすことを目標としている。イオンは長年にわたりイベントを開催し、これまでにベトナムの21省・市の100社を超える企業の商品を日本の消費者へ直接紹介・宣伝してきた。

日本ではそれほど知られていないが、ベトナムではバナナの生産が盛んで、多様なバナナ料理があり、花や葉っぱも用いられる。日本総務省の調査(2018年)によると、バナナは1世帯あたりの支出額が最も多い果物で、日本の消費者にとってもすでに馴染みの深い商品である。ベトナム産バナナも他国産のものに引けを取らず、店頭に並べば消費者の新たな選択肢の1つとなるだろう。(ベトナムニュース邦訳ライター 鶴田 志紀)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ベトナム第15期国会議員選挙

    2021-7-25

    ベトナム第15期国会議員選挙の結果ついて

    国家選挙評議会は、2021年6月10日(水)第15期(2021年〜2026年・任期5年)国会議員(定…
  2. ナムクンハノイ株式会社

    2021-10-1

    ナムクンハノイ株式会社

    当社の不織布を注文してくださる日本のパートナーを探しています。当社は不織布製造分野の専門業者です。当…
  3. ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    2021-9-21

    ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    ホーチミン市。ベトナムを独立へと導いた指導者の名前を冠した街です。元の名称はサイゴンでしたが、197…
  4. ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    2021-9-22

    Bizmatchベトナム日系企業インタビュー第18回:ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    私の妻はベトナム人だ。国際的だ、グローバルだといわれるが、私にとってみれば結婚しようと思った相手がた…
  5. フンマン林産物加工有限会社

    2021-9-11

    フンマン林産物加工有限会社

    工業合板、ベニヤ合板等の建設業用木材を輸入するニーズがある日本のパートナーを探してます。当社の製品は…
ページ上部へ戻る