【2024年最新版】失敗しないベトナムのビザ取得方法〜申請から受領までの完全ガイド②

ビザ申請の流れと手続き日数

ビザの申請は、特に初めてビザを申請する人にとって難しい作業です。準備する必要がある書類が山積みで、どんなに小さなミスでもビザ申請が却下される可能性があります。ビザが下りないということは、購入した航空券、予約したホテル、準備した家具、計画した旅程、すべてが消えてしまうことを意味します。そのため、ビザ申請は海外へ行くことを決める際に重要な役割を果たします。しかし、現在、外国人がベトナムのビザを申請する場合、言葉の違いだけでなく、複雑な手続きのために多くの困難に遭遇している状況です。

ここでは、特に旅行や仕事、ビジネスでベトナムに来たいと考えている日本人に、効果的なビザの申請方法をご案内します。

第一に、ビザを直接に申請することが考えられます。
まず、ビザ申請者は、法律の規定に従って提出書類を準備する必要があります。ビザの種類によって、提出書類は異なります。例えば、観光ビザの場合、ビザ申請書、新しい顔写真1枚(4cm×6cm)(別途ビザが発行された場合)、パスポートまたは国際的な通行証を準備する必要があります。商用ビザの場合、6ヶ月以上有効で、2ページ以上の空白ページがあるパスポートの原本、ビザ申請書、新しい顔写真2枚(4cm×6cm)(別途ビザが発行された場合)、ベトナムでの営業許可証を準備する必要があります。

次に、ビザ申請者は、公安省出入国管理局本部(ハノイ市、バーディン区、チャンフー通り、No.44-46またはホーチミン市、1区、グエントライ通り、No.333-335-337)に書類を提出します。書類を受け取った後、担当官は書類の適法性と内容を確認します。書類が完全であれば、書類を受け取り、領収書を印刷して渡し、結果を返却する日を決めます。書類が有効でない場合、担当官は提出者に書類を補足するよう指導します。ビザの受取予定日には、係官に領収書、公民証明書またはパスポートを渡します。係官は受取人に手数料の支払いと領収書への署名を求めます。処理時間は、すべての有効書類を受け取ってから5営業日となります。

各ビザの申請手続きは、それぞれ異なる難しさがあります。

観光ビザ

観光ビザは、観光、美しい景観の探索、文化的価値の体験などを目的として発行されるビザの一種です。実際、ベトナムの観光促進政策により、ベトナムへの観光ビザの申請はあらゆるビザの種類の中で最も簡単です。ビザ申請者が注意しなければならないのは、パスポートや国際的な通行証がまだ有効で、入国禁止の対象でないかを確認することです。そうでなければ、ビザ申請書に情報を正確に記入するだけで、申請書が非常に高い確率で許可されます。

商用ビザ及び投資ビザ

商用ビザは、法的地位を持つ企業や組織で働く外国人や、サービスの提供、ビジネスPEの構築等のための活動をする外国人に発行されるビザです。投資ビザは、投資家がベトナムの企業に投資または出資する場合に、投資家個人や投資企業の代表に発行されるビザです。

この2種類のビザを申請する場合、ベトナムにおける適法な行動の保証が会社から提出されない、パスポート原本の有効期限が6ヶ月未満、空白ページが2ページ未満などの理由で、ビザ申請者が拒否される可能性があります。そのため、提出前にパスポートの有効期限を確認し、まだ有効であることを保障する必要があります。同時に、会社に対し、法律の規定に基づく保証書の申請を要求しましょう。

労働ビザ

労働ビザは、ベトナムで企業、組織、または非政府組織で働くために外国人が申請するビザの一種です。労働ビザを申請する際、ビザ申請者が法律に従って労働許可証を持たず、またベトナムで会社との関係を証明する十分な書類を持たない場合、拒否される可能性があります。そのため、労働者は法律に基づいて労働許可証を申請し、会社との関係を証明する書類を完全に準備するために会社と協力する必要があります。

親族訪問ビザ

親族訪問ビザは、ベトナムの親戚や家族を訪問する目的で外国人に発行されるビザの種類の一つです。親族訪問ビザを申請する場合、出生証明書や結婚証明書などの個人的な関係を証明する書類を提出せず、偽の書類を使用し、パスポートなどの書類と個人的な関係を証明する書類の情報が一致しない場合、ビザ申請が拒否される可能性があります。そのため、ビザ申請者は個人的な関係を明確に証明する書類を準備し、書類間の情報が正確であることを確認する必要があります。

留学ビザ

留学ビザは、ベトナム国内の大学や専門学校での学業を目的としてベトナムに入国する外国人に発行されるビザです。留学ビザを申請する場合、ベトナムの大学や教育機関からの受入承諾書がなく、又はパスポートの有効期限が1年間未満などの理由で、ビザ申請者が拒否されます。そのため、留学ビザを申請する際には、ビザ申請者の目的が教育プログラムに参加することを証明するためにベトナムの大学や教育機関から受入書類を準備し、またパスポートの有効期限が1年間以上あるかどうかを確認することが必要です。

電子ビザ(Eビザ)の申請

2023年8月15日からベトナムは観光、親族訪問、就労、ビジネスなどの目的に関係なく、90日以内の滞在であれば、世界中のすべての国と地域の国民に電子ビザ(Eビザ)を正式に発行します。現在、ベトナムの電子ビザは、電子ビザのページ – ベトナム出入国管理電子情報ポータルで申請されます。電子ビザを申請するために、以下の手順に従う必要があります。

まず、電子ビザ申請者はhttps://evisa.xuatnhapcanh.gov.vn/vi_VN/trang-chu-ttdtというウェブサイトにアクセスし、「電子ビザ」を選択し、「外国人」を選択して続行します。次に、外国人の顔写真とパスポート用写真をアップロードし、氏名、性別、生年月日などの必要事項を記入します。次に、情報の正確性を確認し、確認コードを受け取ります。このコードは後で必要になるので、覚えやすい場所に保存しておきましょう。その後、オンライン・プラットフォームを通じてEビザサービス料金を支払います。この手数料は、ビザ申請が却下された場合や、ビザ申請者が申請書に記入した情報に誤りがあった場合、返金されないので注意が必要です。3営業日後、https://evisa.xuatnhapcanh.gov.vn/vi_VN/tra-cuu-thi-thucというリンクにアクセスし、検索ボックスに必要な情報を入力して、電子ビザの処理状況を確認します。処理された場合、ビザ申請者はその電子ビザをダウンロードして印刷するためのリンクを受け取ります。ベトナムに入国する際、国境ゲートで電子ビザまたは認証コードを提示するだけで、簡単にベトナムに入国できます。

時間を無駄にせず、何度も書類を準備することなく、Eビザを効果的に申請するために、以下のことに注意する必要があります。 出入国管理局のウェブサイトでEビザを申請した後、ビザ申請者は3営業日後に結果が通知されます。しかし、多くの場合、結果が出るまでに5日または10日かかります。これは外国人の入国計画に影響を与えます。遅延の理由は以下の通りです。

  • 性別、国籍などの外国人情報の申告に誤りがある。
  • 6ヶ月以上前の顔写真、不鮮明な写真などの規定違反がある。
  • 海外口座での支払いに国内口座より時間がかかる。
  • 電子的な環境で行われるためシステムエラーや送信エラーが発生する。

理由が何であれ、この遅れはビザ申請者を不安にさせ、入国するためのビザを持つかどうかが分からないことになります。そのため、登録の際には、氏名、生年月日、パスポートに記載されている情報などの要求された情報が正確であることを入念に確認する必要があります。また、過去6ヶ月以内に撮影した写真を準備し、鮮明な写真を送付することも大切です。

何らかの理由でビザの取得が困難な場合、The Libero & Associatesでは、ベトナムでのビザ申請やその他の手続きを支援します。詳しくは、伏原宏太 (fushihara@libero.com.vn、(+84) 936 128 092までお問い合わせください。


シリーズ前回:【2024年最新版】失敗しないベトナムのビザ取得方法〜申請から受領までの完全ガイド①

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。



ベトナム情報レポート記事一覧へ戻る

おすすめ記事

カテゴリー一覧

ビジネスに役立つベトナム情報サイト
ビズマッチ

ページ上部へ戻る