Covid-19パンデミックがベトナムの経済成長と持続可能な開発に与える影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ベトナムの経済

引用元:ベトナム社会科学研究院のサイト

Covid-19流行期の経済成長

世界経済において、貿易、投資、観光、生産、事業活動には多くの支障があった。2020年10月の IMF(国際通貨基金)とWB(世界銀行)の報告によると、世界経済は2020年に低下すると予測している(約5.2%から4.4%までのマイナス成長)。 UNCTAD(国際連合貿易開発会議)は、世界のFDIが2019年と比較して約40%減少し、2021年も5~10%減少し続けると予測している。 WTO(世界貿易機関)は2020年10月に、世界貿易が2020年に9.2%減少すると予測している。2020年の世界のインフレは、需要の低迷と石油価格の強い下落により、低いレベルにある(1.8~2%)と予測されている。

ベトナムは、Covid-19の流行をうまくコントロールしている数少ない国のひとつであるが、経済の深刻な影響を受けている。Covid-19の流行が確認され、 2つの発生源(3月と7月)を乗り越え、流行が抑制できた9ヶ月の後には、経済において明らかに回復の兆しを見せている。2020年の第1四半期には、成長率は3.82%に達し、第2四半期は0.39%に減少、第3四半期は再び2.62%に増加し、2020年の9ヶ月の成長率は2.12%となった。成長率は依然としてプラスの数値であるが、これは2011年から2020年の期間における同時期と比較し、最低の増加ではあるものの、プラス成長を示している数少ない国の1つである。

Covid-19が企業に与える影響に関する統計総局の調査によると、2020年4月20日の時点で、回答のあった126,565社のうち85.7%の企業がCovid-19から影響を受けていた。そのうち、建設およびサービス部門がCovid-19の流行に最も苦しんでおり、影響を受けた企業の割合はそれぞれ86.1%と85.9%であった。一方、農業、林業、漁業への影響は78.7%と少なかった。多くの経済セクターでは、Covid-19の悪影響を受ける企業の割合が非常に高かった。例えば、航空100%、宿泊サービス97.1%、食品サービス95.5%、旅行代理店の活動95.7%、教育と訓練93.9%、繊維と衣服、革の生産、革製品、電子製品、傘ボウル生産の割合は90%以上であった。

サービスと観光は、Covid-19パンデミックの影響を最も顕著に反映している業界である。観光や運輸(特に航空輸送)などのセクターは、主に旅行制限と社会的距離のために急激な減少があった。2020年の最初の6ヶ月で、海外からの訪問者数は前年同期比で55.8%減少(第1四半期には18%減少)した。国内の観光客も27.3%減少(第1四半期は6%減少)した。業界の全体収益は77.8%減少し、2020年第1四半期における11%の減少をはるかに上回った。IATA(国際航空輸送協会)によると、Covid-19の大流行により、2020年上半期に航空業界は80%減少したが、メンテナンス、燃料、空港料金、航空機のメンテナンスなどの乗組員に関連する費用は引き続き負担する必要があった。 IATAの予測によると、ベトナムの企業は約40億米ドルの収益を失い、ベトナム航空は収益を50兆VND減少し、29兆VNDの損失、16兆VNDの赤字により、政府の支援がなければ流動性の喪失状態に陥ると予想している。

しかし、第3四半期には、すべての経済部門が回復と繁栄の兆しを見せ、新たな日常において通常操業ができるようになった。統計総局によると、2020年の最初の9ヶ月間、GDPは2019年同期比で2.12%増加すると推定されており、これは2011年から2020年の同時期で最も低い成長率である。一般的な成長では、農業、林業、漁業が1.84%増加し、全体の成長に13.62%の貢献、産業と建設は3.08%増加し、58.35%の貢献、サービス部門は1.37%増加し、28.03%の貢献をした。世界の貿易を混乱させたCovid-19の流行による多くの困難にもかかわらず、9月の貿易収支は35億米ドルの黒字を続け、9ヶ月の貿易黒字は約170億米ドルとなった。これは、2019年同期比でほぼ倍増である。国内経済は輸出成長の原動力となっており、9ヶ月間の商品の輸出売上高は20.2%増加し、全国の総輸出売上高の35.4%を占めている。

経済の回復と成長を促進する要因の1つは、公共投資の強化である。公的投資資本の支出は期待された水準に達していないが、9月の時点と9ヶ月間における支出率(計画の59.7%に達した)は両方とも2016年から2020年の期間で最高水準に達した。公共投資資本は、民間部門と外国投資(FDI)から資本を引き付けるために、主に主要な社会経済インフラプロジェクトに集中しており、総投資の増加に貢献している。持続可能な開発目標に従って、社会的安全を開発し、維持する。Covid-19の最初の流行から、政府は企業と人々を支援するために、支援パッケージ、金融政策、財政的および社会的安全の導入を迅速に指示した。経済の回復と開発パッケージに反映されている政府のタイムリーな管理は、以下を含む持続可能な開発に向けた社会的安全を保証する。

第一に、金銭-信用政策パッケージは、債務を再構築し、延期し、影響を受ける未払いローン全体の金利を引き下げることを検討することを目的としている。 第二に、約30兆VNDの合計コミットメント制限を持ち、通常のクレジットよりも年率1%〜2.5%の優遇金利の新たなローンパッケージを導入する。 第三に、合計18兆VNDの財政パッケージ(税金および土地賃料の繰延、税金および手数料の一部を削減)。 第四に、62兆VNDの社会保障パッケージは、2,000万人以上の労働者と障害者の人々に向けられる。

したがって、Covid-19の流行が経済に与える影響は非常に明白である。経済成長は2020年第2四半期に底を打ち、その後、マクロ経済を安定させ、公共投資を増やし、ビジネス環境を改善し、社会保障を安定させるサポートパッケージの立ち上げとともに、Covid-19の流行拡大を抑制した政府の成功のおかげで経済は回復し、発展した。

成長及び持続可能な開発に対する今後の提言

「現在、ベトナム経済は、Covid-19の大流行への挑戦下でまだ非常に安定している。しかし、流行が再び発生した場合、依然として大きなリスクと不安定性がある。世界的な拡大は、次のような最初の9ヶ月のマクロ経済指標から、経済成長と持続可能な開発の見通しに対する最大の脅威であり続ける。2.12%の経済成長、3.2%のインフレ率、170億米ドル近くの貿易黒字などは、回復と発展の非常に明確な兆候を示した。

WB(世界銀行)によると、これらはベトナムの経済回復が強化され、より強くなることを示す将来のシグナルであり、2020年にGDP成長率は2.5~3%に達する可能性があり、中長期的な経済見通しは非常に明るい。経済の回復に役立つ二国間および多国間貿易協定に参加することに加え、ベトナムはまた、現在のサプライチェーンの支出国へのシフトから利益を得る可能性が高い。 IMF(国際通貨基金)の世界経済動向報告書によると、2020年にはベトナム経済は東南アジアで4位となり、シンガポールとマレーシアを上回る。2020年のベトナムのGDPは3,406億米ドルと推定され、シンガポールの3,375億米ドル、マレーシアの3,363億米ドルを上回っている。

「ASEAN郵便新聞(アセアンポスト)」によると、ベトナム経済は前向きに成長し、2020年の時点で2.9%の成長を達成すると予測する。ベトナム経済は下記の3つの理由により、Covid-19パンデミックの罠から逃れるのに良い立場にある。 第一に、政府は企業に対して減税、納税の延期、無料の土地利用などの措置を導入した。 第二に、投資法が改正され、行政手続きが削減され、外国直接投資(FDI)が促進され、投資家にとってより有利な条件を備える。外国投資の急速な流入のおかげで、FDIはまだ成長している(9月のFDIは16.5億ドルに達し、2020年8月の7億2,000万ドルから増加した)。ベトナムは、東南アジアで最も急速に成長する潜在性がある。特に、過去4年間で、約10億ドルがベトナムの電子商取引に投資された。 第三に、ベトナムはEVFTA協定を批准した。2020年7月以降、EUはベトナム製品関税の85%を撤廃し、今後7年間で残りを徐々に引き下げる。

Covid-19の流行を防ぎながら経済成長を回復し、社会の安全と持続可能な開発を確保するという二重の目標を達成するには、次のソリューションを実装する必要がある。 第一に、これは閉鎖的な領域であるため、GDP成長へ大きく貢献(約60%)する企業に焦点を合わせ、生産、ビジネス、および経済回復の困難を取り除くために、十分な規模で効果的な財政支援パッケージを維持し続ける。 第二に、公共投資資本の支出をスピードアップし、最高の支出率に到達させ、支出が遅いプロジェクト、特に重要な大規模プロジェクトの問題を解決することに焦点を当てる。力を広め、インフラストラクチャに戦略的なブレークスルーを生み出し、経済成長の原動力を生み出す。 第三に、世界市場が正常に再開するときに積極的な商品調達を可能とするために、輸出に向けた製造部門への投資需要を刺激すること。 第四に、Covid-19の流行により困難に直面している人々や企業をサポートするために、パッケージのサイズを維持および拡大する。現在、約62兆VNDのサポートパッケージは、主に従業員向けに13兆VNDのみが支出されたが、手続きが複雑なため、企業はこのパッケージへのアクセスが困難である。 第五に、流行が再発しないよう拡大を十分に防ぎながら、国際関係、特に貿易の拡大を促進する。

結論

ベトナムで最初の流行が発生した直後、首相は「反敵のような反流行」をモットーとした結論、決議、指令を即座に発表し、「二種の目的」を実現することを決意した。疫病を積極的に予防および管理し、社会経済の発展、回復に焦点を当てる。社会経済の発展においては、人々の健康を保護するため、疾病の管理が最も重要な優先事項である。 終息が予測不可能なCovid-19パンデミックの発生と広がりは、世界的な経済不況と危機的傾向を招いている。ベトナム経済は、徐々に回復、発展しており、政府の政策が当初より成功したことで新たな通常状態にある。国内市場を最大限に活用しながら、外部の不確実性を防止して対応し、マクロ経済の安定を維持し、インフレを抑制し、社会の安全、雇用の確保、労働者の生活、貧しい人々、不利な立場にある人々に対する支援は、これからの時代に欠かせない内容である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. アートインテリアデコレーション株式会社

    2021-10-1

    アートインテリアデコレーション株式会社

    当社のテレビ台、ベッドセット、ソファ、テーブルと椅子等のウォーターヒヤシンス製品及びソファセット、椅…
  2. フンマン林産物加工有限会社

    2021-9-11

    フンマン林産物加工有限会社

    工業合板、ベニヤ合板等の建設業用木材を輸入するニーズがある日本のパートナーを探してます。当社の製品は…
  3. ベトナムビジネス支援サービスメニュー

    2021-9-3

    サービスメニュー

    日本企業とのビジネス関係を希望するベトナム企業をご紹介しています。ビジネスの検討や商談をより身近で、…
  4. ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    2021-9-21

    ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    ホーチミン市。ベトナムを独立へと導いた指導者の名前を冠した街です。元の名称はサイゴンでしたが、197…
  5. ナムクンハノイ株式会社

    2021-10-1

    ナムクンハノイ株式会社

    当社の不織布を注文してくださる日本のパートナーを探しています。当社は不織布製造分野の専門業者です。当…
ページ上部へ戻る