2020年のベトナム経済:Covid-19パンデミックの影響による困難を団結により克服

  • 2020/12/24
  • 2020年のベトナム経済:Covid-19パンデミックの影響による困難を団結により克服 はコメントを受け付けていません
経済成長グラフイメージ

引用元:国会常務委員会における作法研究院のサイト「作法研究」

1. 2020年のベトナム経済:困難を克服するための努力

2020年の初頭から現在に至るまで、Covid-19の発生は深刻かつ壊滅的な影響を及ぼし、複雑で予測不可能な流行を続けている。世界と地域の政治的、経済的状況は、多くの急速で複雑な変化が見受けられる。気候変動、自然災害、洪水、地滑り、雷雨、および疫病は、多くの場所で発生する。非常に困難な状況の中で、事務総長、大統領、政治省、事務局、国会、国会常任委員会、政府の呼びかけへの対応として、首相は「反敵のような反流行」をモットーとした結論、決議、指令などを公布した。「二重の目標」を実行し、社会経済発展の回復に焦点を合わせながら、劇的かつ効果的に流行を防ぐ。特に、人々の健康、社会の安定を守るためには、疾病管理が最優先事項である。基本的に、マクロ経済政策を運用するための解決策は適切な方向で実施されており、国民はこれに同意し、国際社会からは高く評価されている。

国会は以下の決議を可決した。 ① 2017年から2020年の期間に、北東ルートに多数の高速道路セクションを建設するプロジェクトに基づく多数のコンポーネントプロジェクトの投資方法を変革する。 ② 2020年までに支払われる法人所得税を削減する。 ③ 2020年末までに飛行燃料に対する環境保護税を引き下げる。 ④ 農地使用税の免除期間の延長。 同時に、国会は、2017年から2020年までの予算の安定期間を2021年まで延長することを決定し、配分基準の発行を延期した。実際の状況に沿って2020年の予算を運営する主導権を握るように政府を任命する。必要に応じて、2020年の中央予算から、省庁、支部、地方自治体間で公的投資資本計画を積極的に調整する。

政府と首相は、Covid-19の大流行により、困難に直面している人々を支援し、多くの優遇政策、社会的保護を受けている障害者にも追加の支援を提供する措置に関する決議、法令、決定を積極的に発表した。具体的には、付加価値税、法人所得税、個人所得税、土地賃料の支払い期限を延長すること、または減額である。また、国産車、組立車の特別税の支払い期間の延長、流行の影響を大きく受けている多くのセクターや分野を支援するために、管轄当局に検討を申請する。(Covid-19の大流行によって引き起こされた、困難に直面している人々を支援するための政策実施を規定している政府の2020年4月9日付決議第42号/ NQ-CP号および2020年4月24日付の首相決定第15/2020 / QD号- TTg号)

上記の政策は、困難を克服し、取り除き、生産とビジネスを促進し、社会的安全を確保し、企業と人民及び労働者をサポートするための適切で緊急かつ重要な対策である。これまでの結果、ベトナムはCovid-19の流行を非常にうまく制御できており、基本的に発生を制御し、コミュニティに新しい感染ケースはなく、経済の回復と発展に重要な貢献をしている。

2. 2021年の画期的オプションは?

2021年は、2021年から2025年までの5年間に社会経済開発計画を実施する最初の年となるため、非常に重要である。2021年の国内および世界の状況は、次の点で我が国の社会経済開発に多くの影響を与えると予想される。 (i)2021年から2025年までの5年間の社会経済開発計画の作成および2021年の社会経済開発計画は、 第13回全国党大会で発表され、可決を見込む、2021年から2030年の10年間における社会経済開発戦略の要件、目的、タスク、および政策に準拠する必要がある。 (ii)Covid-19の大流行は、世界および国内の経済回復に引き続き悪影響を及ぼす。 (iii)工業革命4.0は、我が国にとっての機会と課題の両方を持ち合わせる。 (iv)貿易保護主義の傾向、国と地域間の戦略的競争が続いている。 したがって、以下の内容に注意する必要がある。

第一に、全体的な目標について: 政治省の方針と国会の決議に従って、新たな日常における疫病からの回復、社会経済発展の抑止との闘いの両方において、「二重目標」の抜本的かつ効果的な実施を強調する。

第二に、目標システムの観点から、12の主要な目標の中で最も重要なものは次の通りである: ① 2020年の社会経済開発計画の達成可能性を検討し、2021年から2025年までの5年間の計画全体における、2021年の社会経済開発計画の適切な目標と経済の主要なバランスの実現を確保すること。 ② 各シナリオに応じて約6〜6.5%のGDP成長率目標の実現可能性をより明確に評価および分析する。平均消費者価格指数(CPI)は約4%である。全要素生産性(TFP)は約45~47%であり、社会労働生産性は約4.8%増加する。 ③ 集中型廃水処理システムを備えた工業団地および輸出処理区域が環境基準を満たす割合、森林被覆率を検討する。また、多面的アプローチによる貧困ラインに従った貧困世帯の割合。都市部における労働年齢人口に対する失業率も確実に検討する。

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

マッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。特定都市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


ベトナム現地ニュース記事一覧へ戻る

ページ上部へ戻る