2021年の港湾・ロジスティクス業界:世界経済の回復による成長見通し

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
港湾システムの建設と開発

引用元:オンライン投資新聞「投資・経営フォーラム」

2020年の業績は低調であったものの、EVFTAやRCEPなど新たに署名されたFTA協定のプラス影響により、主にベトナム貿易の成長への期待、中国からのサプライチェーンと生産の多様化の波、FDIの成長期待のおかげで、港湾およびロジスティクス業界はプラスの発展を遂げた。

これは、2021年の海港およびロジスティクス業界の見通しに関するSSI証券アナリストチームの意見である。ベトナム海事局(Vinamarine)によると、2020年には、ベトナムの海港を通過する国際貨物の総スループットが9.8%増加した。貿易額が5%増加し、国際コンテナのスループットは9%増加して1,440万TEUとなった。

SSIは、世界的な需要の減少により貿易が悪影響を受けると述べた。しかし、ベトナムは他の輸出国よりもCOVID-19の影響が少ないため、健全な生産チェーンの恩恵を受けている。国内コンテナのスループットは、前年比で20.6%増加した。

しかし、グローバルサプライチェーンの混乱により、コンテナの出荷が中断された。タンカー(tanker)とバルカー(bulker)の需要はCOVID-19の影響を強く受けたため、コンテナ船の需要が急増した。 業界の見通しに関して、分析チームは非常に楽観的であり、2021年の成長見通しは世界的な回復のおかげでより前向きになるだろうと述べている。COVID-19の流行は依然として複雑で、2021年に完全に制御することは困難である。しかし、ソーシャルディスタンスが減少し、ワクチンが遍在するようになったため、分析チームは平衡期間及び在庫の正常化と再確立は、 2021年の後半に行われると予想している。

また分析チームは、ベトナムの輸出が世界的な消費の回復から恩恵を受けるかもしれないと述べた。しかし、他の輸出国も生産活動を再開するため、成長率は高くないかもしれない。SSIは、ベトナムの海港を通過する輸出入額と国際貨物の総量が、2021年の時点で10%増加すると予測した。これは、世界的な回復、新たなFTA協定の発効、そして中国からのサプライチェーンと生産の多様化の波により、FDIの成長期待によって支えられている。

新しい製造プロジェクトからの物流施設に対する需要は高い。需要と供給の急増により、ロジスティクス部門は新しい施設を設立するようになった。CBREによると、2020年には北部の倉庫面積が25%増加、南部の倉庫面積は28%増加しており、同時期比で家賃が5~10%上昇した。この業界はまだかなり細分化されており、非常に競争の激しい業界である。

さらに、深海港は引き続き業界の明るいスポットである。2つの深海港であるカイメップーティバイとラックフエンの港の拡張は、シンガポールや香港などの地域に代わり、ベトナムに停泊する母船を引き寄せるであろう。その結果、これら2つの地域での販売量の伸び率は20%と高く予測される。

SSIチームは、港湾およびロジスティクス業界の利益率が2020年の最低水準から回復し、収益が10%増加すると予測している。ただし、利益の増加は一桁になる可能性がある。業界最大のプレーヤーであるGMDは、ジェマリンク港が稼働する最初の年の成長はない、またはわずかな減少があると予測している。 2021年の業界の回復については非常に楽観的であるが、SSIの専門家チームは、港湾およびロジスティクス業界には次のような特定のリスクがあると述べている。 ① ハイフォン港における長く激しい競争 ② ベトナムに対する為替操作の米国による非難が輸出に圧力をかける可能性 ③ コンテナ不足が在庫の正常化と再確立の期間中となる2021年の後半に戻る可能性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ナムクンハノイ株式会社

    2021-10-1

    ナムクンハノイ株式会社

    当社の不織布を注文してくださる日本のパートナーを探しています。当社は不織布製造分野の専門業者です。当…
  2. ベトナムビジネス支援サービスメニュー

    2021-9-3

    サービスメニュー

    日本企業とのビジネス関係を希望するベトナム企業をご紹介しています。ビジネスの検討や商談をより身近で、…
  3. ベトナム建設機械グループ株式会社

    2021-10-1

    ベトナム建設機械グループ株式会社

    当社は1時間あたり150~300トンの中古石破砕機、1回あたり1m3~3m3の圧送能力の中古コンクリ…
  4. ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    2021-9-21

    ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    ホーチミン市。ベトナムを独立へと導いた指導者の名前を冠した街です。元の名称はサイゴンでしたが、197…
  5. ビンナム有限会社

    2021-10-1

    ビンナム有限会社

    当社の配電盤を注文してくださるパートナーを探しています。また、配電盤の製造分野において、技術を指導し…
ページ上部へ戻る