丸紅株式会社と地場の貿易建設総公社の合弁が、第2オモン火力発電所建設事業に13億米ドルを投入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ビジネスマッチングイメージ

引用元:経済推進情報サイト「カントープロモーション」

丸紅株式会社(東京都中央区)と地場の貿易建設総公社(Vietracimex)の合弁は、カントー市の第2オモン火力発電所建設プロジェクトに約13億米ドルを投入することを決定した。

2021年2月8日の朝、「第2オモン火力発電所プロジェクトの投資登録証明書の授与式」がカントー市で行われた。 このプロジェクトにおける登録投資総額は約13億米ドルであり、同プロジェクトは、丸紅株式会社と地場の貿易建設総公社(Vietracimex)の合弁会社によって提案され、2020年末に投資政策決定を首相より承認、2021年1月22日に投資登録証明書が発行された。

カントー市人民委員会委員長であるチャン・ベト・チュオン氏は、「日本は現在、カントー市に投資している国や地域の中で最も主要な投資家である」と述べた。「カントー市には現在、外国直接投資(FDI)プロジェクトが85件あり、登録投資資本の合計は約20億米ドルである。そのうち、日本からの投資資本を持つFDIプロジェクトは7件あり、登録投資資本の合計は約13.5億米ドルである。」

丸紅ベトナム株式会社の三浦泰総局長によると、エネルギーは丸紅会社の最も重要な事業分野の1つであり、同社の全世界での総操業能力は40,000MWであると述べている。ベトナムにおいては、同社は合計容量5,000MW以上となる12件のプロジェクトを運営している。

第2オモン火力発電所建設プロジェクトにおいて、三浦泰氏は、プロジェクトがタイムリーに構築され、完了するようあらゆる努力を惜しまないと約束した。一方、カントー市側となるチュオン氏は、プロジェクトが運営されるためのすべての最良の好条件を作り出し、投資家が安定的かつ持続的に発展することを支援し、 開発投資のためのすべてのリソースを引き寄せるオープンな投資環境を構築すると約束した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ベトナムビジネス支援サービスメニュー

    2021-9-3

    サービスメニュー

    日本企業とのビジネス関係を希望するベトナム企業をご紹介しています。ビジネスの検討や商談をより身近で、…
  2. アートインテリアデコレーション株式会社

    2021-10-1

    アートインテリアデコレーション株式会社

    当社のテレビ台、ベッドセット、ソファ、テーブルと椅子等のウォーターヒヤシンス製品及びソファセット、椅…
  3. フンマン林産物加工有限会社

    2021-9-11

    フンマン林産物加工有限会社

    工業合板、ベニヤ合板等の建設業用木材を輸入するニーズがある日本のパートナーを探してます。当社の製品は…
  4. ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    2021-9-22

    Bizmatchベトナム日系企業インタビュー第18回:ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    私の妻はベトナム人だ。国際的だ、グローバルだといわれるが、私にとってみれば結婚しようと思った相手がた…
  5. ビンナム有限会社

    2021-10-1

    ビンナム有限会社

    当社の配電盤を注文してくださるパートナーを探しています。また、配電盤の製造分野において、技術を指導し…
ページ上部へ戻る