カントーで行われる盛んな文化外交

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ビジネスマッチングイメージ

引用元:カントー市投資促進センターHP

 メコンデルタの中心都市として、カントーは国際協力関係と人民外交と特に文化外交の活動において数年にわたって立場と役割を確立しています。
2019年にカントーでは文化外交の活動が盛んになり、多くの優れた成果を達成していることで、カントー市の全体的な発展に貢献し、世界においてベトナムの地位を強化します。

 先住民の文化的特徴の 都市河川としてカントー市の観光の強みが確定されています。昨年、カントー市はカントー市のイメージの広告活動と観光振興を促進し、多くの優れた結果を達成しました。

 具体的には、観光・スポーツ・観光局はメコンデルタ観光協会と協力して2019年3月に韓国のソウルで観光プロモーションを開催しました。
韓国の観光側は、ツアーを具体化し、カントー ↔ソウルの飛行ルートを展開するためカントーへのファムトリップを開催することを約束します。
文化・スポーツ・観光局は、2019年6月にマレーシアのクアラルンプールでカントーの観光振興を促進するプログラムも行いました。現在、カントー市には3社の観光・レジャー企業があり、カントーからマレーシアへ、またはその逆で、協力してゲストを連れて行くパートナーを見つけています。

 さらに、カントー市の観光産業は、観光振興を促進するために、国内で4つの活動と市内で12の活動を行いました。
ホーチミンでハノイなど多くのイベントの開催された国際観光フェアでは、カントー観光に参加しています。
加えて、ハイフォンと ゲアンなどへ観光振興を推進するプログラムを行った際には、地元の観光事業を紹介し、結びつける上で現実的な効果を生み出します。

 2019年の文化交流実績への貢献に欠かせない活動の一つがベトナム・カントー市国際旅行展示会(カントーVITM)です。
これはカントー市だけでなくメコンデルタの全体で優れた観光イベントの一つです。
VITM カントー市は国内での25の各都市からと韓国・日本・マレーシア・タイ・インド・キューバの6つの国際相識からの300社を超える観光・レジャー企業に参加しています。
VITMカントーでは様々な活動が行われたので観光分野において、観光・レジャの企業を結びつけ、協力する多くの機会をもたらしました。
VITMカントー2019は、約30,000人の訪問者を迎え、観光商品を購入しています。

カントーで最初のハンガリー文化週間

 11月14日から17日に開催されたカントー市で最初のハンガリー文化週間は、約6,000人の訪問者が参加し、イベントを体験しました。文化週間は、ハンガリーの伝統的な衣装の体験・陽気なストリートプロム・ハンガリーとベトナムの有名な伝統的な料理の楽しみなど、多くの興味深い豊かな文化活動があります。
イベントのハイライトは、ハンガリー現代絵画の展示会です。これは人民に70の現代映絵画のメッセージ・幸福への願望・平和というメッセージを伝えました。
さらに、文化週間はハンガリーの奨学金とカポスヴァール大学での研修プログラムについての紹介ワークショップも開催しました。

 カントー市人民委員会の副委員長のドゥオン タン ヒエン氏は、カントー市でのハンガリー文化週間は、文化交流の目的だけではなく両国の企業が交流し学ぶための条件でもあると述べました。

これは両国の企業が投資協力の機会を好感し、創出するための架け橋です。
カントーでは、カントー市腫瘍病院プロジェクトはベトナムとハンガリーの協力モデルの一つです。 「これは、カントー市とメコンデルタ地域の人民の健康への配慮と保護の願望に応える素晴らしい人道的活動の1つです」
とドゥオン タン ヒエン氏は述べました。

第5回越日経済・文化交流フェスティバル

 5回の開催を経たカントー市の越日経済・文化交流フェスティバル(ベトナム日本フェスティバルという略称)は多くの人に期待されています。
今年のプログラムは、ベトナムと日本の文化と貿易を繋ぐ橋です。
カントー市場とメコンデルタ市場は、日本企業の関心が高まっています。

 2019年のベトナムー日本フェスティバルの枠組みの中で、開催者は日本人がテイドーの文化と人々について体験する機会を作りました。
例えばカイラン水上マーケット、「カントーヘリテージマラソン」、日本の企業がアン ザンとドン タップの日本のビジネスサポート組織へ訪問するなど活動が含まれます。
特に開会式では、友好協会連合は、アオザイ博物館と協力して、デザイナーのサイ・ホアン氏による「ベトナム-日本アオザイ」というコレクションを実施しました。
同時に、ベトナムー日本フェスティバルの枠組みの中で開催された「ベトナム-日本アオザイ」コレクションは、4日間で15万人を超える来場者があり、注目を集めました。

 ホーチミン日本総領事館の河上淳一氏は、カントー市が毎年恒例のイベントを開催しているのは、両国の友好関係を強化してカントーの人民やビジネスマンが日本の文化に触れ、桜の国を理解する機会をもたらすことに基づいて協力してビジネスを行うこともできると述べました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    2021-9-22

    Bizmatchベトナム日系企業インタビュー第18回:ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    私の妻はベトナム人だ。国際的だ、グローバルだといわれるが、私にとってみれば結婚しようと思った相手がた…
  2. ベトナム建設機械グループ株式会社

    2021-10-1

    ベトナム建設機械グループ株式会社

    当社は1時間あたり150~300トンの中古石破砕機、1回あたり1m3~3m3の圧送能力の中古コンクリ…
  3. ベトナムビジネス支援サービスメニュー

    2021-9-3

    サービスメニュー

    日本企業とのビジネス関係を希望するベトナム企業をご紹介しています。ビジネスの検討や商談をより身近で、…
  4. フンマン林産物加工有限会社

    2021-9-11

    フンマン林産物加工有限会社

    工業合板、ベニヤ合板等の建設業用木材を輸入するニーズがある日本のパートナーを探してます。当社の製品は…
  5. ビンナム有限会社

    2021-10-1

    ビンナム有限会社

    当社の配電盤を注文してくださるパートナーを探しています。また、配電盤の製造分野において、技術を指導し…
ページ上部へ戻る