上半期における日本からベトナムへのFDI登録額、630億米ドル超となり第2位に

  • 2021/7/26
  • 上半期における日本からベトナムへのFDI登録額、630億米ドル超となり第2位に はコメントを受け付けていません
日本からベトナムへのFDI

引用元:「労働新聞」(2021年7月17日)

今年上半期、日本による海外投資(FDI)総額は630億米ドルを超え、日本はベトナムにとって第2位の投資国となった。

計画投資省海外投資局のDo Nhat Hoang(ドー・ニャット・ホアン)局長によると、ベトナムでは、今年上半期(6月20日まで)に140か国・地域から事業件数3万3,787件、総額3,978億9,000万米ドルが投資されている。その中で日本は2番目にFDI額が大きく、現在有効である事業は4,716件で、登録投資総額は630億米ドルを超えた。6月単月でも同様に、日本は第2位に付き、新規登録事業は86件、新規登録事業・資本調整・株式取得による投資総額は前年同期比66.8%増の24億4,000万米ドルだった。日本企業はベトナムでのFDI事業によって戦略的サプライチェーンを構築している段階である。

計画投資省によると、昨年、日本の経済はかなりの苦境に立たされていたが、それにもかかわらず日本によるベトナムへの投資はシンガポール、韓国(およそ30億米ドル)に続き3位に位置していた。今年に入りベトナムで新型コロナの感染が深刻となっても、日本はベトナムへの投資を推し進めており、特に新規投資額は日本の登録投資総額の67.8%を占めている。また、この6か月間、日本の投資家たちはベトナム企業の株式取得にも力を入れてきた。計画投資省の分析によると、日本の投資家は事業1件あたりおよそ500億米ドルを投入している一方で、香港は230億米ドル、台湾は190億米ドル、韓国は150億米ドル超のみである。

日本は今年の初めに「超大型」事業である、登録投資総額13億1,000万米ドルのオモン第2火力発電所を登録した。同発電所の投資登録証明書は今年の1月22日に発行されており、カントー市の電力網や国家電力システムへの電力ニーズに応えるために建設される。ホアン局長は、日本企業が各投資事業を実施し、社会的責任を果たす行為はベトナムの経済・社会の発展に大変な貢献をしていると述べた。

日越の活発な経済交流は新型コロナが拡大する中でも変わらず、日本のワクチン供与や両国間でのオンライン商談会をはじめ、厳しい状況の中でも前に進もうとする動きが起こっている。新型コロナが収束すれば、両国のつながりはさらに深まるだろう。(ベトナムニュース邦訳ライター 鶴田 志紀)

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

マッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。特定都市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


ベトナム現地ニュース記事一覧へ戻る

ページ上部へ戻る