年初2か月はコロナ禍でも経済回復の兆し

  • 2021/3/17
  • 年初2か月はコロナ禍でも経済回復の兆し はコメントを受け付けていません
経済成長グラフイメージ

引用元:オンライン投資新聞「投資・経営フォーラム」

ベトナム経済は、テト(旧正月)直前の新型コロナ第3波で深刻な打撃を受けたものの、これらの影響に対する懸念はそれほど大きくなく、いくつかの指標では明るい兆候が出ている。

年初2か月の鉱工業指数(IIP)は前年同期比で7.4%増加し、また、2月に新規設立された企業数は8,000社超に上り、過去5年間の旧正月にあたる月の平均である7,300社を超えた。営業を再開した企業数も4,600社超と前年同期比26.8%増となり、経済回復への期待感を反映している。貿易も非常に活発で、年初2か月の貿易総額は958億米ドルと前年同期比24.5%増となり、貿易黒字は12億9,000万米ドルに達した。

一方で、宿泊・飲食・交通・観光業界などは引き続き新型コロナの影響を受けており、年初2か月の観光収入は前年同期比で62.1%減と大きく落ち込んでいる。一時営業を停止した企業は2万1,600社と前年同期比34%増で、サービス業・観光業の小規模の企業を中心に増加した。計画投資省は影響の大きかった業界に対してヒアリングを行い、支援に向け準備を進めた。

計画投資省のグエン・チー・ズン大臣は、国内経済の成長促進に向けた方針を示しつつ、経済回復に向け新型コロナを乗り越えるためには、感染を抑え込むことが最も重要だと強調している。経済専門家のグエン・ディン・クン氏は、深刻な状況の中でも政府はコロナ禍の状況をうまくコントロールしており、貿易をはじめとした多くのマクロ経済指標で好調な値が出ていると見解を述べた。

コロナ禍でもベトナム経済は勢いが衰えていない。新型コロナの第3波が到来したのち、現時点では市中感染ゼロまで戻ってはいないものの、ピークは過ぎて徐々に収まりをみせつつある。国内のサービス業は今は大変な時期にあるだろうが、感染を完全に抑えこむことができれば、需要も回復し、ベトナム経済はさらに加速していくだろう。(ベトナムニュース邦訳ライター 鶴田 志紀)

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

マッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。特定都市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


ベトナム現地ニュース記事一覧へ戻る

おすすめ記事

  1. 日本食レストラン「Nagomi」オーナー

    2022-5-23

    母のお好み焼き店と同じく地元ベトナム人に愛される日本食レストラン「Nagomi」を経営、オーナー/玉井成親

  2. RECO人材有限責任会社 CEO

    2022-4-27

    ドラマの登場人物に憧れ民間企業に就職、ICT人材コンサルティング会社を設立/レコ人材有限会社CEO・グエン・ビック・フエ

  3.  loading

    2022-3-30

    コメにこだわり30年、ベトナム米を世界に輸出/ホアンミンニャット株式会社

  4. NTQ Solution社代表

    2022-5-13

    日本と世界に知られるベトナム企業となることを夢見るIT企業/株式会社エヌティキューソリューションCEO・ファム・タイ・ソン

  5. ニャチャンビーチリゾート

    2022-4-4

    失われた王国・チャンパ遺跡、家康が求めた香木の産地、そして養殖ワニ肉を食べるビーチリゾート/ニャチャン

ページ上部へ戻る