EUへのシーフードの輸出:弱点の克服

  • 2020/6/12
  • EUへのシーフードの輸出:弱点の克服 はコメントを受け付けていません
EUへのシーフードの輸出

引用元 : ベトナム商工会議所のWEB新聞「VCCI メコンデルタ」

承認されたEVFTA協定に基づいて、ベトナムの水産業界は2021年のEU市場への輸出金額を20億米ドル以上として目的を達成します。この目的を実現するために、水産業界の企業は、いくつかの機会を活用して弱点を克服しようとしています。

EU-潜在的な市場

ベトナムの水産業界にとって、EU は数年に渡り大きく重要な市場です。さらに、将来的にも潜在的な市場だと予想されています。

大きな希望

ベトナム水産加工輸出協会(VASEP)書記長のチュオン・ディン・ホエ氏は「現在、EVFTAは国会に承認され、意気揚々とした気持ちとともに、水産物企業はEVFTAを最大限に活用するために必要な基準を積極的に改善しています。EVFTAの関税の効力を有する場合、税率をすぐに0%に引き下げることで、エビやパンガシウスなど水産分野の多くの主要製品は、EU市場で有利になります」と述べました。

水産企業においてはCOVID -19の流行の影響により、多かれ少なかれ輸出活動は減少しています。多くの困難に直面しているにもかかわらず、市場の要求に応じて水産分野は養殖地域、食品安全認証からロジスティクス・インフラまで適切に整備されています。例えばベトナムオーストラリアグループ、ナムベト単一メンバーの有限責任会社、ビンホアン株式会社などは、アンザン省が実施しているメコンデルタ地域での高品質のパンガシウスの生産を繋ぐ提案に基づいて、パンガシウスの養殖地域に投資しました。現在、これらの企業は高度な技術基準に従って養殖地域を計画しており、最高の輸出パンガシウス製品を生産するための厳しい基準を満たしています。EUへの10年間以上の輸出経験を持つティエン川水産株式会社(SOTICO)社長のグエン・ティ・アン氏は「シーフードは必須のニーズのための製品であり、COVID-19の流行が長引いても、市場はまだ必要です」と予想しました。さらに、利点を活用するために、SOTICOは養殖地域を計画し、EU市場の基準に従って証明書を作成したので、EVFTAが定める基準を満たすことができると確信しています。

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

マッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。特定都市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


ベトナム現地ニュース記事一覧へ戻る

カテゴリー一覧

COVID-19新型コロナウイルス特集
市川匡四郎のニュースコラム
Hanoi首都ハノイ特集
Can Tho産業都市カントー特集
一流のサービスを受ける人になる方法 極
ページ上部へ戻る