ベトナムにおける2021年のM&A:画期的な展望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ビジネスマッチングイメージ

引用元:オンライン投資新聞「投資・経営フォーラム」

投資政策の変更、グローバル化の拡大などにより、ベトナムにおける2021年のM&A市場は、経済が徐々に回復した後、画期的な発展を遂げると予想されている。

投資政策の変更

2020年6月17日、第9回国会において投資法第61/2020/QH14号が可決された。2021年1月1日より効力を発する同法案は、2020年の投資法より、外国人投資家を惹きつける投資環境が大幅に改善され、M&A市場が前期よりも力強く成長することが見込まれている。

第9回国会で可決された企業法第59/2020/QH14号は、2021年1月1日から施行される。これは、ベトナム企業が世界共通の基準と慣行を満たすための法的枠組みを完成させる支援ツールと見なされている。この法律は、多くの不必要な行政手続きを廃止し、投資家全般を保護するための内容を強化し、管理効率を高め、特に企業再生におけるコストを最小限に抑える。

政府はまた、経済の安定、ビジネス環境の改善、国家競争力の強化を目的とした決議を発表した(決議第01 / NQ-CP号、決議第02 / NQ-CP号)。特に、政治省は、制度と政策の改善、投資協力の質と効率の向上に関する決議第50号-NQ/TW号を発行した。

ベトナムにおける2020年上半期のM&A市場概要報告書およびベトナム経済動向報告書によると、現在のCovid-19状況下で投資の注目を集めている産業は、消費財、食品、飲料、小売の生産などである。

また、アメリカ及び欧州諸国は、各企業が中国から徐々に生産活動をシフトすることを奨励・支援することを計画しているため、ベトナムはこの波を機会に投資家を引き付ける国の一つになると予想されている。

いくつかの分野におけるM&Aの傾向

今後、M&Aは小売流通、通信販売、医療、不動産など多くの分野で発展する傾向がある。金融、銀行、保険などの他のサービス業界も、M&A市場を支配する競争に参加している可能性がある。運輸サービス部門に関しては、コロナの状況が依然として複雑であり、再発の可能性が高いため、おそらく近い将来に多くの支障が生じる。 Covid-19の大流行は多くの課題を生み出し、ベトナム経済にも多くの機会を与えた。現在の市場状況は、投資政策の変更により、前年度ほど活況を呈してはいないが、ベトナムの既存の名声、M&A市場とともに国際統合のオープンマインドが予測されており、2021年には、経済が徐々に回復した後、画期的な発展が見込まれている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. フンマン林産物加工有限会社

    2021-9-11

    フンマン林産物加工有限会社

    工業合板、ベニヤ合板等の建設業用木材を輸入するニーズがある日本のパートナーを探してます。当社の製品は…
  2. ベトナム建設機械グループ株式会社

    2021-10-1

    ベトナム建設機械グループ株式会社

    当社は1時間あたり150~300トンの中古石破砕機、1回あたり1m3~3m3の圧送能力の中古コンクリ…
  3. アートインテリアデコレーション株式会社

    2021-10-1

    アートインテリアデコレーション株式会社

    当社のテレビ台、ベッドセット、ソファ、テーブルと椅子等のウォーターヒヤシンス製品及びソファセット、椅…
  4. ビンナム有限会社

    2021-10-1

    ビンナム有限会社

    当社の配電盤を注文してくださるパートナーを探しています。また、配電盤の製造分野において、技術を指導し…
  5. ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    2021-9-21

    ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    ホーチミン市。ベトナムを独立へと導いた指導者の名前を冠した街です。元の名称はサイゴンでしたが、197…
ページ上部へ戻る