ベトナムにおける2021年のM&A:画期的な展望

  • 2020/12/9
  • ベトナムにおける2021年のM&A:画期的な展望 はコメントを受け付けていません
ビジネスマッチングイメージ

引用元:オンライン投資新聞「投資・経営フォーラム」

投資政策の変更、グローバル化の拡大などにより、ベトナムにおける2021年のM&A市場は、経済が徐々に回復した後、画期的な発展を遂げると予想されている。

投資政策の変更

2020年6月17日、第9回国会において投資法第61/2020/QH14号が可決された。2021年1月1日より効力を発する同法案は、2020年の投資法より、外国人投資家を惹きつける投資環境が大幅に改善され、M&A市場が前期よりも力強く成長することが見込まれている。

第9回国会で可決された企業法第59/2020/QH14号は、2021年1月1日から施行される。これは、ベトナム企業が世界共通の基準と慣行を満たすための法的枠組みを完成させる支援ツールと見なされている。この法律は、多くの不必要な行政手続きを廃止し、投資家全般を保護するための内容を強化し、管理効率を高め、特に企業再生におけるコストを最小限に抑える。

政府はまた、経済の安定、ビジネス環境の改善、国家競争力の強化を目的とした決議を発表した(決議第01 / NQ-CP号、決議第02 / NQ-CP号)。特に、政治省は、制度と政策の改善、投資協力の質と効率の向上に関する決議第50号-NQ/TW号を発行した。

ベトナムにおける2020年上半期のM&A市場概要報告書およびベトナム経済動向報告書によると、現在のCovid-19状況下で投資の注目を集めている産業は、消費財、食品、飲料、小売の生産などである。

また、アメリカ及び欧州諸国は、各企業が中国から徐々に生産活動をシフトすることを奨励・支援することを計画しているため、ベトナムはこの波を機会に投資家を引き付ける国の一つになると予想されている。

いくつかの分野におけるM&Aの傾向

今後、M&Aは小売流通、通信販売、医療、不動産など多くの分野で発展する傾向がある。金融、銀行、保険などの他のサービス業界も、M&A市場を支配する競争に参加している可能性がある。運輸サービス部門に関しては、コロナの状況が依然として複雑であり、再発の可能性が高いため、おそらく近い将来に多くの支障が生じる。 Covid-19の大流行は多くの課題を生み出し、ベトナム経済にも多くの機会を与えた。現在の市場状況は、投資政策の変更により、前年度ほど活況を呈してはいないが、ベトナムの既存の名声、M&A市場とともに国際統合のオープンマインドが予測されており、2021年には、経済が徐々に回復した後、画期的な発展が見込まれている。

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

マッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。特定都市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


ベトナム現地ニュース記事一覧へ戻る

ページ上部へ戻る