• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ベトナムの経済

引用元:情報通信省の情報サイト「カントー新聞」

COVID-19のパンデミックにより、より多くの企業や消費者がオンラインショッピングに切り替えるようになった。したがって、非接触型の決済手段も新たな開発トレンドにある。

キャッシュレス決済のトレンド

キャッシュレス決済には、銀行間電子取引、クレジットカード、インターネット接続デバイス(IoT)、電子ウォレット、モバイルアプリケーションなどがある。キャッシュレス決済が全世界の不可欠な取引方法であり、ベトナムも例外ではない。 フィンランドの金融ウェブサイト「Sijoitusrahastot」が公開した調査データによると、世界のキャッシュレス決済市場は2020年に約24%成長し、4.9兆米ドルとなった。

同レポートによると、世界のデジタル決済市場は、昨年同時期と比較して取引額が21%増加している。一方、専門家はまた、総市場取引額が23.7%増加し、2021年には4.93兆米ドルに達し、新規利用者数は10.1%増加、取引額が34.7億米ドルに達すると予測している。

国営銀行によると、特にベトナムでは2020年11月の時点で、インターネット決済サービスを提供している組織は78、モバイル決済サービスを提供している組織は45あり、その取引額は数億ドンに上る。現在、ベトナムには、以下の9つの主要なキャッシュレス決済センターが存在する。 ・銀行間電子決済システム(IBPS) ・清算システム ・各商業銀行の内部支払いシステム ・二国間決済システム ・VCB-Moneyの外貨支払いシステム ・BIDVが管理および運営する証券決済システム ・カード決済システム ・インターネットおよびモバイル決済システム ・SWIFTシステム

通貨革命

昨年、消費者は電子財布の支払いからアプリを介した自動支払いに切り替える必要があった。現在、消費者は、スマートデバイスやウェアラブルなど他の支払いインフラであるインターネット決済(IoT)を体験することができる。BostonにあるIDEX Biometrics社の社長であるVince Graziani氏によると、IoTデバイスを介した支払い(無形支払いとも呼ばれる)は、将来、一般的になるとのことである。

他の形式のデジタル決済と組み合わせた非接触型決済の使用増加は、キャッシュレス経済への根本的な移行を推進する。キャッシュレス決済はまた、消費者がデビットカードやクレジットカード、スマートカード、その他の支払いデバイスを使用し、商品やサービスを購入するための安全で迅速な決済手段を提供するなど、高品質のサービスを決済システムに導入するよう銀行に働きかけている。

インフラの完成

キャッシュレス決済のためのソリューションとテクノロジーは、各組織によって強力に投資および開発がなされている。テクノロジーは、主に参加者の特定と検証、および有用性と正確性の確保に関係している。現在開発されている技術は、無線周波数(RFID)、近距離無線通信(NFC)、応答コード(QRコード)、および生体認証(指紋と虹彩)などである。操作方法は、消費者が支払いカードまたはIoTデバイスに触れ、支払いを完了させる方法である。

IDEX Biometrics社の社長であるVince Graziani氏によると、バイオメトリクス技術は、キャッシュレス決済におけるデジタルIDの識別方法として必要不可欠であり、これが最も安全なソリューションである。専門家はまた、生体認証の支払いオプションを「オールインワン」の統合システムと見なしている。これには、IoTネットワークに接続されたガジェットが含まれ、スマートデバイスが購入を完了することを可能にする。

また、各種アプリケーションも重要である。ブランドのモバイルアプリによって処理された取引は、銀行情報を隠すことができ、便利である。支払いに必要があるのは、アプリ内ボタンを指で押すことだけである。ユーザーは、デバイスに情報を入力する必要はない。

ベトナムにおけるキャッシュレス決済のインフラストラクチャとテクノロジーは、投資、品質の向上、社会の高まる決済ニーズへの対応、および国際経済統合プロセスへの適応に引き続き重点が置かれている。銀行間電子決済システムは、安全、効率的、スムーズに運用されている。リアルタイム決済機能、マルチチャネル、マルチメディアトランザクション処理を備えた小売決済トランザクションを提供する自動電子決済システムは、正式な運用のためにテストされている。送金、小売決済トランザクション、およびユーティリティサービスの決済ニーズに対応する。

技術における強力な発展、COVID-19の流行、消費者の需要の高まりとともに、キャッシュレス決済市場を新しい時代に促進する効果を生み出した。そして、それが好きかどうかにかかわらず、誰もがそれを受け取る準備をしておく必要がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. フンマン林産物加工有限会社

    2021-9-11

    フンマン林産物加工有限会社

    工業合板、ベニヤ合板等の建設業用木材を輸入するニーズがある日本のパートナーを探してます。当社の製品は…
  2. ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    2021-9-21

    ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    ホーチミン市。ベトナムを独立へと導いた指導者の名前を冠した街です。元の名称はサイゴンでしたが、197…
  3. ベトナム建設機械グループ株式会社

    2021-10-1

    ベトナム建設機械グループ株式会社

    当社は1時間あたり150~300トンの中古石破砕機、1回あたり1m3~3m3の圧送能力の中古コンクリ…
  4. ベトナムビジネス支援サービスメニュー

    2021-9-3

    サービスメニュー

    日本企業とのビジネス関係を希望するベトナム企業をご紹介しています。ビジネスの検討や商談をより身近で、…
  5. アートインテリアデコレーション株式会社

    2021-10-1

    アートインテリアデコレーション株式会社

    当社のテレビ台、ベッドセット、ソファ、テーブルと椅子等のウォーターヒヤシンス製品及びソファセット、椅…
ページ上部へ戻る