日本企業は2021年にベトナムでの生産を拡大する

  • 2021/2/5
  • 日本企業は2021年にベトナムでの生産を拡大する はコメントを受け付けていません
ベトナムの工業イメージ

引用元:ベトナム出版会のオンライン知識電子雑誌「ジン ニュース」

Navigos Search(人材紹介サービス会社)によると、ビンズオン、ドンナイ、ロンアン、カントーの各工業団地は、外国の製造企業、特に日本から注目と投資を受けている。

近日、Navigos Searchは、2020年の第4四半期にベトナムで中堅および上級人材を採用する需要、および2021年の採用動向に関するレポートを公開した。このHR会社は、Covid-19流行の影響を大きく受けているにもかかわらず、ベトナムにおける日本の製造企業は正式に操業を再開し、2020年の第4四半期から人材を採用した。

一部の電気および電子企業は、市場の需要を満たすために生産を増やしている。他のいくつかの会社、特に家具業界では、Covid-19流行の前に比べ、生産量が2倍になった。Navigos Searchによると、電子部品や日本の自動車メーカーは、2021年に拡大する予定である。また、ヨーロッパ、アメリカ、中国、日本からの多くのメーカーも、工場建設に投資し、生産および事業活動を展開するために市場を模索している。ベトナム、特に南部において、「ホーチミン市の土地はあまりないため、ビンズオン、ロンアン、ドンナイ、カントーの新しい工業団地に拡大することが期待されている」とこの会社は評価した。

実際、2020年末にベトナムで開催された日本企業との対話会議において、山田滝雄駐ベトナム日本大使は、現在、ベトナムが日本からの企業誘致においてトップであると断言した(37の企業が投資)。そして、2番目はタイである(19社)。

さらに、2021年の顕著な採用傾向は、情報技術、銀行、保険業界でも示されている。具体的には、2020年の第4四半期から、情報技術分野はCovid-19以降急速に回復し始めた。各企業は、製品やサービスの競争力を高めるため、最新のテクノロジーを備えた高品質の人材を採用することに重点を置く。「この分野には、2021年の時点で1,000人のITエンジニアを採用する計画で、大きな成長需要のある企業が存在する。」とNavigos Searchは強調した。

一方、各銀行は、デジタルトランスフォーメーションプロセスに対応するために、顧客関係、テクノロジー、およびデータ管理ポジションに多数の人材を採用することも計画している。一方、保険業界では、銀行と独占的バンカシュアランス契約を結んでいる企業もあるため、フルタイムで働くコンサルタントの採用や育成の専門家が求められている。

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

マッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。特定都市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


ベトナム現地ニュース記事一覧へ戻る

カテゴリー一覧

更新 : 2022/07/26
COVID-19新型コロナウイルス特集
市川匡四郎のニュースコラム
Hanoi首都ハノイ特集
Can Tho産業都市カントー特集
一流のサービスを受ける人になる方法 極
ページ上部へ戻る