アップルはベトナム市場に向け、より大きな取引を計画している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ベトナムの交通ラッシュ

引用元:オンライン投資新聞「投資・経営フォーラム」

Apple会社がiPadとMacBookの組み立てプロセスをベトナムに移すことに関する情報は溢れる。

「ベトナム製」iPad、MacBook

最近、Reuter, Bloomberg等の一連の主要な外国報道機関によると、Apple会社に対する最も大手な加工パートナーであるFoxconn会社はApple会社の要請に応え、iPadとMacBookの組み立てプロセスをベトナムに移す予定がある。理由は、米国企業が米中貿易戦争の影響を減少しようと考えていたためである。Foxconn会社はBac Giang省において工場を建設中であり、2021年前半に稼働する予定である。

しかし、上記の情報はApple会社又はFoxconn会社のいずれによって確認されていない。Bac Giang省工業団地管理委員会は、このプロジェクトに関する情報もまだ受け取っていないと述べた。

一方、Apple会社がベトナム市場に向け、より大きな計画を持っているのは事実である。2020年11月末に、再び、サプライチェーンを担当しているApple会社の副課長であるロリー・セクストン氏が、計画投資省のリーダーとオンライン会議を行った。 詳細は公開されていないが、Apple会社がベトナムにおけるコンポーネントの生産を増やす可能性が高い。 現在、Appleの主要パートナーであるFoxconn、Luxshare、Goertek 等が、ベトナムへの投資を絶えず拡大している。

ハイテクにおける大手企業を大歓迎

台湾の2番目プロジェクトであるPegatronは、4億8,100万米ドルの登録資本で投資登録証明書を付与された。 ベトナムにおけるPegatronの登場は確かに世界の技術者に注目を集めるであろう。 Foxconnと同様に、Pegatronは、Apple、Sony、Microsoft、およびLenovoのコンポーネントの主要サプライヤーである。

実際、Intel、Samsung、LG 等の登場以来、ますます多くの大規模なテクノロジー企業がベトナムに投資してきた。 米中貿易戦争が勃発したとき、特にCovid-19の後、投資をベトナムに移そうとするテクノロジーの巨人の傾向が高まっていた。

日経新聞によると、Foxconn会社の社長であるヨン・リウ氏は「ベトナムへの投資は大企業にとって非常に興味深い」と述べた。 また、彼によると、Foxconnは、テレビ、通信機器、コンピューターに関する製品など、ベトナムで「より多くのもの」を製造する予定がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ベトナム第15期国会議員選挙

    2021-7-25

    ベトナム第15期国会議員選挙の結果ついて

    国家選挙評議会は、2021年6月10日(水)第15期(2021年〜2026年・任期5年)国会議員(定…
  2. アートインテリアデコレーション株式会社

    2021-10-1

    アートインテリアデコレーション株式会社

    当社のテレビ台、ベッドセット、ソファ、テーブルと椅子等のウォーターヒヤシンス製品及びソファセット、椅…
  3. ビンナム有限会社

    2021-10-1

    ビンナム有限会社

    当社の配電盤を注文してくださるパートナーを探しています。また、配電盤の製造分野において、技術を指導し…
  4. ナムクンハノイ株式会社

    2021-10-1

    ナムクンハノイ株式会社

    当社の不織布を注文してくださる日本のパートナーを探しています。当社は不織布製造分野の専門業者です。当…
  5. ベトナム建設機械グループ株式会社

    2021-10-1

    ベトナム建設機械グループ株式会社

    当社は1時間あたり150~300トンの中古石破砕機、1回あたり1m3~3m3の圧送能力の中古コンクリ…
ページ上部へ戻る