第2四半期から日本企業の採用活動が徐々に再開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
日本企業の採用活動

引用元:VNエコノミー(2021年6月22日)

日本企業では、第1四半期(1月~3月)には一時中断されていた採用活動が、第2四半期(4月~6月)になると中間管理職のポジションを中心に再開され始めた。

ナビゴスグループが発表した報告書によると、設立されたばかりの日本企業では、新型コロナによる影響によって社員採用・経営拡大計画が一時中断していた。2021年第1四半期になっても一部の企業では採用を凍結し、既存のスタッフの能力向上に注力していたが、第2四半期になると、中間管理職の採用ニーズが戻り始めたという。

ナビゴスグループによれば、日本企業の採用活動における最も大きな変化の1つは、日本語に加えて、英語や韓国語、中国語など、別の言語も堪能な人材を求めるようになったことである。理由は、ベトナムから他国への輸出や、ベトナム国内で展開する他国企業への出荷を拡大したいためだ。現在、日本企業の社員採用活動では、応募者が非常に多く買い手市場となっており、日本企業へ転職するには言語、経験、専門分野で企業側が求める条件よりも高い水準を満たしている必要がある。

日本企業では採用活動に重きを置いているため、応募者はコミュニケーション能力や交渉能力といった自身の他のスキルをアピールし、採用側に自分の印象を残さなければいけない。応募者にとって日本企業の魅力的に感じる点は、職場環境や研修制度が整っている点であり、また、滅多に解雇されない点も日本企業を選ぶ理由として各応募者で共通している。日本企業の文化では、社員に雇用の安定や長期勤務を保証しているのだ。

ナビゴスグループは日本企業に対し、ソフト面のスキルアップコースを通じて、人事スタッフの研修に注力する必要があると提言をしている。優秀な応募者を集めるためには、給与制度や賞与制度、専門性向上のための制度を構築し、社員の外国語研修を行う必要があるという。

日本企業は現地企業に比べ、給与水準が高い点も応募者が魅力的に感じる点の1つだろう。日本の大学へ留学するベトナム人学生は珍しくなく、日本語能力と専門性を合わせ持つ人材は今後も増えていくだろう。(ベトナムニュース邦訳ライター 鶴田 志紀)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ベトナム観光旅行記:第5回「ダラット」

    2021-10-11

    ベトナム観光旅行記:第5回「ダラット」

    ベトナム中部高原ダラット。ホーチミン市からなら車で6時間30分、飛行機で行けば1時間弱で到着します。…
  2. ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    2021-9-22

    Bizmatchベトナム日系企業インタビュー第18回:ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    私の妻はベトナム人だ。国際的だ、グローバルだといわれるが、私にとってみれば結婚しようと思った相手がた…
  3. アートインテリアデコレーション株式会社

    2021-10-1

    アートインテリアデコレーション株式会社

    当社のテレビ台、ベッドセット、ソファ、テーブルと椅子等のウォーターヒヤシンス製品及びソファセット、椅…
  4. ベトナムビジネス支援サービスメニュー

    2021-9-3

    サービスメニュー

    日本企業とのビジネス関係を希望するベトナム企業をご紹介しています。ビジネスの検討や商談をより身近で、…
  5. ベトナム建設機械グループ株式会社

    2021-10-1

    ベトナム建設機械グループ株式会社

    当社は1時間あたり150~300トンの中古石破砕機、1回あたり1m3~3m3の圧送能力の中古コンクリ…
ページ上部へ戻る