ハノイ市である理由

ハノイ市である理由

ベトナムの首都であるハノイは、政治・行政の中心地としての役割を果たしており、国家の中枢機能が集まっています。国内で最も都市機能が発達している都市の1つであり、ハノイでのビジネス展開には様々なメリットがあります。

企業にとって魅力的な条件が揃う

ハノイではオフィスビルの建設が進んでおり、充実した設備や管理体制が整った環境で事務所を構えることができます。オフィス・分譲住宅・商業施設を合わせた複合開発も大手不動産会社によって進められており、利便性の向上も見込まれています。高島屋グループが参画する「ランカスター・ルミネール・プロジェクト」なども展開され、日本企業にとってなじみの深い都市空間の創出も期待されます。

また、工業分野でも、生産・貿易拠点として大変魅力的な都市です。市内には15か所の工業団地が設けられており、工場設立を希望するメーカーにとってハノイは有力な選択肢の1つとなっています。これらの工業団地はハノイのノイバイ国際空港や北部最大の港であるハイフォン港へのアクセスも良好ですので、原料調達や輸出を行う際の物流コストや時間を削減することも可能です。中でも住友商事が出資・開発したタンロン工業団地は、ノイバイ空港から約16kmという好立地で、電力供給、浄水場、排水処理場といったインフラが整備されており、数多くの日系企業が入居しています。

ホアラック・ハイテクパーク

大都市ならではの可能性

将来性があり、伸びしろが大きい消費市場も魅力の1つです。ハノイの人口は800万人を超え、市場規模は急拡大しました。また、ハノイ市民の平均所得は国内トップレベルで、所得水準の上昇ともに購買力も伸びていくことが期待されます。加えて、発達した流通網によりベトナム北部、そして全国との円滑な入出荷が可能となり、市内の物流体制も安定しています。

また、ハノイでは様々な展示会や商談会が開催されているため、ビジネスチャンスに巡り合う機会も多いです。本社を市内に置いている企業も多く、現地企業との打ち合わせなども調整しやすい環境にあります。

さらに、ベトナム国家大学ハノイ校を筆頭に国内トップクラスの大学が集まり、企業の戦力となる有望な人材にアプローチすることが可能です。特に、理工系大学の名門であるハノイ工科大学では日本語教育が展開されており、日本語ができる優秀な理工系人材を輩出しています。

ベトナムの首都としてベトナムの発展を牽引してきたハノイには、人・物・金、そして技術や情報が集まっています。今後はさらなる飛躍を遂げていくでしょう。

おすすめ記事

  1. アートインテリアデコレーション株式会社

    2021-10-1

    アートインテリアデコレーション株式会社

    当社のテレビ台、ベッドセット、ソファ、テーブルと椅子等のウォーターヒヤシンス製品及びソファセット、椅…
  2. ビンナム有限会社

    2021-10-1

    ビンナム有限会社

    当社の配電盤を注文してくださるパートナーを探しています。また、配電盤の製造分野において、技術を指導し…
  3. フンマン林産物加工有限会社

    2021-9-11

    フンマン林産物加工有限会社

    工業合板、ベニヤ合板等の建設業用木材を輸入するニーズがある日本のパートナーを探してます。当社の製品は…
  4. ベトナムビジネス支援サービスメニュー

    2021-9-3

    サービスメニュー

    日本企業とのビジネス関係を希望するベトナム企業をご紹介しています。ビジネスの検討や商談をより身近で、…
  5. ベトナム第15期国会議員選挙

    2021-7-25

    ベトナム第15期国会議員選挙の結果ついて

    国家選挙評議会は、2021年6月10日(水)第15期(2021年〜2026年・任期5年)国会議員(定…
ページ上部へ戻る