日本・カントー市の戦略的投資協力パートナー

  • 2021/1/9
  • 日本・カントー市の戦略的投資協力パートナー はコメントを受け付けていません
ビジネスマッチングイメージ

引用元:情報通信省の情報サイト「カントー新聞」

2020年12月時点、カントー市には、日本の直接投資プロジェクトが7つあり、登録資本金は3,178万米ドルである。 カントー市への投資を呼びかける活動において、日本は市の戦略的パートナーと見なされている。カントー市は、長年にわたり日本のパートナーと協力しながら数多くの素晴らしいプログラムを企画し、日本のパートナーの注目と高い評価を集めてきた。

マッチングを促進

近年の投資促進プログラムでは、ベトナム全般、特にカントー市は日本を戦略的な投資協力パートナーとしてみなしていた。2020年までのベトナムと日本の協力関係、および2030年までのビジョンにおいて、カントー市は、電子機器、農業機械、農水産加工、造船、環境、省エネルギーなどの産業を優先的に開発する。 カントー市人民委員会の常任副委員長であるズオン・タン・ヒエン氏は、カントー市政府がこれまで、日本のパートナーとの情報共有に好条件を作り出すために努力してきたと述べた。兵庫県岡山市との協力協定に加え、日本のパートナーと協力し、数多くの素晴らしいプログラムを企画し、日本のパートナーからも注目され、高く評価されている。 カントー市は、常にこうした協力を高く評価し、特に日本のパートナーにとってすべての面において最も有利な条件を作り出すことを約束した。

カントー市はメコンデルタ地域の中心地にあり、全国の主要都市を結ぶ道路、水路、空路が備えられ、文化的および経済的交流を促進する。また、年間500万人の乗客にサービスを提供する、国際空港のインフラも開発された。 3つの主要な港が近代的な設備を備え、5,000〜20,000トンの船を受け入れることができ、地域全体の商材を受け取る中心的な役割を果たした。それに加え、国立大学、短期大学のシステム、多くの分野でトレーニング機関を備えたカントー市は、地域全体に向ける人材育成の中心地であった。

カントー市と日本との協力は、カントー橋の工事をはじめ、日本が支援する国の主要な輸送プロジェクトにも反映されており、カントー市だけでなく、メコンデルタ地域の社会経済発展に大きく貢献している。同時に、遠隔地の孤立した地区に架けられた橋の建設、教育プログラム、医療機器のスポンサー、さまざまな分野でのボランティア支援などの日本の非政府援助プロジェクトもあった。特に、カントー市政府は兵庫県岡山市と協力協定を締結した。 外交については、カントー市のベトナム・日本友好協会において、カントー市は日本の友好協会の6社と協力協定を締結し、イベントを通じて定期的に代表団交流活動を行っている。

何年にもわたり、カントー市は日本のパートナーと協力し、数多くの素晴らしいプログラムを開催し、日本のパートナーから多くの注目と高い評価を集めてきた。典型的には、ベトナムと日本の文化交流プログラムが、ベトナム商工会議所カントー支部とカントー市の人民委員会の協力によって5回にわたって開催された。特に、カントー国際空港で2回の直行便を手配し、メコンデルタの投資環境を調査しに訪れた約250の日本企業を歓迎した。 2018年、外務省はカントー市と協力し、日本・メコンデルタ地域の会議を開催した。2019年、ホーチミン市で日本企業を対象とした、カントー市での投資促進ワークショップも成功裏に行われた。

今後の協力実現

市政府は、日本のパートナーとの情報共有に最も好条件を作り出すよう努めている。具体的には、カントーにジャパンデスクオフィス、大阪と東京に2つの連絡事務所を設立し、カントー市を紹介する日本のウェブサイトを構築し、役員と従業員に向けた日本語コースを行うことなどである。さらに、カントー市は日本の投資家に向け、ベトナム-日本友好工業団地を建設するために、第1段階として30haの土地を準備した。同時に、市はここに投資するようになった日本企業に10の公約を発表した。 その努力とともにカントー市政府は、投資家のニーズを満たすために、質の高い人材の育成、医療・教育の質を改善し、現実的な計画を立てている。

2020年10月19日、両国の首相立会いの下、カントー市人民委員会と丸紅グループは、オモン2火力発電所プロジェクトの実施における協力関係についての覚書に署名した。このイベントは、南西部地域全体、特にカントー市の経済を促進することに貢献することが期待されている。 直近の12月17日、オモン地区のチャ・ノック2工業団地で、タケショーベトナム食品株式会社(日本資本100%)が食品加工工場の建設を起工した。この工場は、エビ生産の副産物(エビの頭、エビの殻)とパンガシウスから抽出したスパイスを製造・加工する分野で運営され、総投資額は800万米ドルである。工場は2021年10月に完成し、稼働する予定である。

日本の投資家から協力を求める品物を作る計画によると、カントー市は農産物加工、生産技術改善、果物、農産物、加工食品などの輸出を拡大するために、新たな投資家を見つける必要がある。特に、次のようなプロジェクトを研究、投資することに注目を集める必要がある。 カントー市の情報技術公園の活用、カントー市のメコンデルタ経済サブリージョンのグレード2のロジスティクスセンターなどである。同時に、カントー市の観光についてのイメージを日本に宣伝するために、スポーツと観光、教育の分野において、国際協力機構(JICA)に空手のコーチ、又はボランティア、教師と学生のための日本での交流プログラムを申請している。

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

マッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。特定都市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


ベトナム現地ニュース記事一覧へ戻る

カテゴリー一覧

更新 : 2022/07/26
COVID-19新型コロナウイルス特集
市川匡四郎のニュースコラム
Hanoi首都ハノイ特集
Can Tho産業都市カントー特集
一流のサービスを受ける人になる方法 極
ページ上部へ戻る