ベトナムは中国やインドよりも魅力的なFDIの目的地となっている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ベトナムの工業イメージ

引用元:商工省の情報サイト「産業貿易新聞」

エコノミストインテリジェンスユニット(EIU)の報告によると、ベトナムは中国とインドを追い抜き、魅力的な外国直接投資(FDI)の目的地になりつつある。報告書はまた、ベトナムがアジアのサプライチェーンにおける新しい低コスト生産地になったことを指摘した。

この報告書は、ベトナムがFDIにおいてインドと中国を上回っていることを示している。ベトナムは、国際企業がハイテク製品を製造するための工場を設立することを奨励する政策、安価な労働力、新たに署名された自由貿易協定の恩恵などの要因により、FDIの主要な目的地となった。 ベトナムはまた、外国貿易を管理し、推測する能力においてインドよりも進んでいる。労働市場でも、ベトナムはインドより上位にランクされている。この報告書によると、労働市場とは労働力のニーズと労働力の供給である。13.8億人の国であるインドは、9,734万人の国であるベトナムに後れをとっている。

インドは、EIUが調査した14カ国の中で、FDIのスコアが驚くほど低くなっている。インドネシアとバングラデシュを除き、インドはFDIと労働市場の点において、他のすべての国に後れを取っている。 インドもインドネシアも労働法改革の実施に取り組んでいる。バングラデシュは17の自由貿易協定について交渉している。

一方、EIUは、ベトナムが多くの投資インセンティブを持つ国際企業に有利な協定を提供し続けるという観点から、ベトナムの見通しを高く評価した。高度な専門性の不足はベトナムの欠点ではあるが、国としては製造業で労働力が安いという利点がある。 「ベトナムが自由貿易協定の加盟国になるという事実は、輸出コストの削減に役立つ利点でもある」と、この報告書は分析している。

ベトナムとEU諸国との間の自由貿易協定は、ベトナム経済、特に靴産業に多くの利点をもたらした。協定が発効すると、ベトナムのEU諸国に輸出された皮革および履物製品の約40%が、依然として30%の課税対象であったが、現在は非課税となっている。

モルガンスタンレーの新興市場ストラテジストであるルチルシャルマ氏によると、ベトナムのGDPに対するFDIは6%以上であり、世界の新興国の中で最も高い国である。一方、中国の労働価格が上昇し始めた2013年には、FDIを他のアジア諸国やベトナムにシフトすることが選択肢の1つであった。最近の米中貿易戦争では、ベトナムはさらに多くの恩恵を受けており、中国の代替製造地になりつつある。 2020年には、Covid19の流行に直面しているにもかかわらず、ベトナムは285億米ドルのFDIを引き付けた。これは、2019年同期比の75%に相当する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    2021-9-21

    ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    ホーチミン市。ベトナムを独立へと導いた指導者の名前を冠した街です。元の名称はサイゴンでしたが、197…
  2. ベトナム第15期国会議員選挙

    2021-7-25

    ベトナム第15期国会議員選挙の結果ついて

    国家選挙評議会は、2021年6月10日(水)第15期(2021年〜2026年・任期5年)国会議員(定…
  3. アートインテリアデコレーション株式会社

    2021-10-1

    アートインテリアデコレーション株式会社

    当社のテレビ台、ベッドセット、ソファ、テーブルと椅子等のウォーターヒヤシンス製品及びソファセット、椅…
  4. ベトナムビジネス支援サービスメニュー

    2021-9-3

    サービスメニュー

    日本企業とのビジネス関係を希望するベトナム企業をご紹介しています。ビジネスの検討や商談をより身近で、…
  5. ビンナム有限会社

    2021-10-1

    ビンナム有限会社

    当社の配電盤を注文してくださるパートナーを探しています。また、配電盤の製造分野において、技術を指導し…
ページ上部へ戻る