ベトナムの投資環境が日本企業からASEANトップの評価を受ける

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ベトナムの投資環境

引用元:ベトナム国営テレビ局オンライン新聞「VTV NEWS」(2021年5月13日)

日本貿易振興機構(ジェトロ)ハノイ事務所所長はベトナムについて、今後、日本企業の投資先としてASEAN諸国の中で最も選ばれる国だと評価した。近年、日本企業によるベトナムへの投資は急拡大しており、現在、ベトナムにおけるジェトロの会員企業数は、1990年代の20倍にあたる2,000社まで増加した。

投資計画省外国投資局によると、年初4か月における日本企業からベトナムへの海外投資額(FDI)は25億米ドルに達し、シンガポールに次ぐ世界第2位となった。また、2021年4月までの日本からベトナムへの投資も、累計で4,690件、総額62兆9,110億米ドルとなり、韓国に次いで第2位である。経済専門家たちは日本の投資事業について、質が高く、ベトナムの経済・社会の成長に貢献するものだと評価している。

今後、日本企業によるベトナムへの投資傾向としては、製造業からサービス業へシフトしていくことに加え、ハノイやホーチミンといった大都市に集中するのではなく、各地方で展開されるようになるだろう。これまでは、ベトナムに投資を行う40%の企業が工場を開設していたが、近年、その値は約20%にとどまり、生産工場の建設から貿易、サービス分野へ変化していることが伺える。ジェトロによると、この動きには様々な理由があるが、中でもベトナムの人口が2050年には1億600万人に達すると見込まれていること、中流層が増加し続けていることで、ベトナム市場が小売企業にとって「天国」のような理想的な場所となっていることが理由の1つである。

加えて、ベトナムは、東南アジアで年間経済成長率が最も高い国として評価されており、GDPはますます成長している。ベトナム企業の地位は向上し続けており、国内企業全体の科学技術分野に対する関心の高まりにも、そのことが見受けられる。

ベトナムに対する日本企業の投資が活発な背景には、ベトナムがこれまで投資誘致を積極的に行ってきたことや、日越両国が各方面で関係構築に励んできたことなど、様々な理由がある。今後、経済のグローバル化やデジタル化が進む中で、両国の関係はさらに重要となっていくだろう。(ベトナムニュース邦訳ライター 鶴田 志紀)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ベトナム建設機械グループ株式会社

    2021-10-1

    ベトナム建設機械グループ株式会社

    当社は1時間あたり150~300トンの中古石破砕機、1回あたり1m3~3m3の圧送能力の中古コンクリ…
  2. ベトナムビジネス支援サービスメニュー

    2021-9-3

    サービスメニュー

    日本企業とのビジネス関係を希望するベトナム企業をご紹介しています。ビジネスの検討や商談をより身近で、…
  3. フンマン林産物加工有限会社

    2021-9-11

    フンマン林産物加工有限会社

    工業合板、ベニヤ合板等の建設業用木材を輸入するニーズがある日本のパートナーを探してます。当社の製品は…
  4. ナムクンハノイ株式会社

    2021-10-1

    ナムクンハノイ株式会社

    当社の不織布を注文してくださる日本のパートナーを探しています。当社は不織布製造分野の専門業者です。当…
  5. アートインテリアデコレーション株式会社

    2021-10-1

    アートインテリアデコレーション株式会社

    当社のテレビ台、ベッドセット、ソファ、テーブルと椅子等のウォーターヒヤシンス製品及びソファセット、椅…
ページ上部へ戻る