日本に輸入されたベトナム産ライチが好調、塩田鹿児島県知事とナム駐日ベトナム大使がオンラインで面会

  • 2021/6/11
  • 日本に輸入されたベトナム産ライチが好調、塩田鹿児島県知事とナム駐日ベトナム大使がオンラインで面会 はコメントを受け付けていません
ベトナム産ライチの輸入

引用元:ベトナム経済協会発行「VNエコノミー」(2021年6月4日)

6月4日、塩田康一鹿児島県知事とVu Hong Nam(ブー・ホン・ナム)駐日ベトナム大使がオンラインで面会を行った。両氏は鹿児島県とベトナムの経済・貿易協力関係の発展について意見を交わし、双方が自県・自国における相手方製品の展開を支援していくことが確認された。また、塩田知事は、6月4日〜6日にイオン鹿児島で開催される「ベトナムウィーク」で、輸入されたベトナム産ライチが販売されることについてナム大使と共有した。

イオン鹿児島で行われたベトナム産ライチ販売イベントの他にも、ベトナム大使館商務部は、ライチや一部農産物を中心としたベトナム製品の「ベトナムウィーク」における広報強化についてイオングループと議論し、提携を進めている。「ベトナムウィーク」は6月25日〜27日に全国300か所を超えるイオンの店舗で展開される予定だ。

駐日ベトナム大使館Ta Duc Minh(タ・ドク・ミン)商務参事官によると、近年、日本ではベトナムの農水産品の人気が高まっている。2020年6月には、関係各所の尽力により日本のスーパーでベトナム産ライチの販売が正式に開始された。駐日ベトナム大使館などによる一連のイベントは、在日ベトナム人やベトナムに関心を持つ日本人の間で大盛況となり、ミン参事官は「多くの日本人にベトナム産ライチについて知っていただき、そして味わっていただきました。好意的な反応もいただいており、ベトナム産ライチの受注が今後も伸びていく可能性が高いことがわかります。」と評価する。加えて、ライチは日本では宮崎県のみでしか栽培できず、生産量は限られているため、日本の消費者や在日ベトナム人はライチの販売を待ち望んでおり、多くの日本人消費者はベトナム産ライチに対して高く評価しているとミン参事官は述べた。

近年、ベトナム産ドラゴンフルーツがスーパーの店頭に並んでいるのを見かける機会も増えており、ベトナム産果物が日本の消費者に浸透してきたことが伺える。ライチについても、これまで様々なライチ風味のお菓子や飲み物が販売されており、親しみを持っている消費者も多いことから、今後普及が進んでいくだろう。(ベトナムニュース邦訳ライター 鶴田 志紀)

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

マッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。特定都市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


ベトナム現地ニュース記事一覧へ戻る

ページ上部へ戻る