ナム駐日ベトナム大使が新潟県を訪問、経済連携を強化へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
日越経済連携

引用元:ベトナム通信社「ティントゥック」(2021年8月11日)

8月10日、Vu Hong Nam(ブー・ホン・ナム)駐日ベトナム大使が新潟県を訪問し、ベトナム各地域との経済連携促進に向け面会を行った。

ナム大使は新潟県の花角英世知事と面会し、新型コロナが早期収束し、双方の企業提携がさらに促進されることを願っていると挨拶した。これに対して花角知事は、新潟県とベトナムの各企業のつながりにおいて、駐日ベトナム大使館が果たした役割を高く評価していると述べた。また、ベトナムに進出する新潟県の企業に対して、投資効果を最大限高める環境を創出することを約束した。

同日、ナム大使は同県三条市、およびベトナムで事業を展開する企業数社との面会を行った。三条市の滝沢亮市長は、日本の政府開発援助(ODA)事業としてバリア・ブンタウ省と提携し、同事業を展開できることは大変光栄であると述べた。三条商工会議所は、2017年にバリア・ブンタウ省商工局と人材育成促進のための覚書を結んでおり、今後、各分野での協力を拡大し、日越両国の貿易の活発化に貢献したいと滝沢市長は表明している。

また、2019年6月から2022年5月までは、ベトナムにおける「燕三条製品の妹ブランドの創出、および燕三条ブランド普及・実証・ビジネス化事業」が実施されている。同事業には、三条市の企業4社とバリア・ブンタウ省の企業3社が参加し、ベトナムでキッチン用品、園芸用品といった燕三条製品の製造を目指す。同事業について、駐日ベトナム大使館第一書記のVu Hai Diep(ブー・ハイ・ディエップ)氏は、燕三条製品は適応性が非常に高く、家庭用だけではなく工業用としても利用できると評価した。しかし、ベトナムの消費者の手に届くためには、三条市側でさらに広報を強化しなければならないとしている。

訪問後、ナム大使は新型コロナの影響、とりわけデルタ株の拡大により、新潟県を含む日本の企業がベトナムとの提携事業の展開に苦戦しており、解決が求められていると述べた。大使館はベトナム商工会議所(VCCI)、ジェトロ、ベトナムの新潟県企業団体とともに状況を把握したうえで首相に報告し、関係機関と解決策を協議するとしている。日本企業が積極的に感染対策と生産活動を両立させるため、そして、ベトナムの投資環境に対する信頼を維持するため、今後は包括的で一体感を強めた対策が双方に求められる。

大都市だけではなく、地方都市でも関係を強化することで、様々な規模での連携や交流を生むことできる。自治体レベルでの友好関係が広がり、地域のニーズにより合致した活動や事業も今後さらに展開されるだろう。(ベトナムニュース邦訳ライター 鶴田 志紀)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. フンマン林産物加工有限会社

    2021-9-11

    フンマン林産物加工有限会社

    工業合板、ベニヤ合板等の建設業用木材を輸入するニーズがある日本のパートナーを探してます。当社の製品は…
  2. ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    2021-9-22

    Bizmatchベトナム日系企業インタビュー第18回:ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    私の妻はベトナム人だ。国際的だ、グローバルだといわれるが、私にとってみれば結婚しようと思った相手がた…
  3. ベトナム第15期国会議員選挙

    2021-7-25

    ベトナム第15期国会議員選挙の結果ついて

    国家選挙評議会は、2021年6月10日(水)第15期(2021年〜2026年・任期5年)国会議員(定…
  4. ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    2021-9-21

    ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    ホーチミン市。ベトナムを独立へと導いた指導者の名前を冠した街です。元の名称はサイゴンでしたが、197…
  5. シェユアンベトナム有限会社

    2021-10-1

    シェユアンベトナム有限会社

    自動車、オートバイ、電子部品製造におけるメッキ加工を委託してくださる日本のパートナーを探しています。…
ページ上部へ戻る