2020年10月時点で全国のFDI誘致金額が234.8億ドルに達した

  • 2020/11/2
  • 2020年10月時点で全国のFDI誘致金額が234.8億ドルに達した はコメントを受け付けていません
経済成長グラフイメージ

引用元:VCCI(ベトナム商工会議所カントー支部)ウェブサイト

計画投資省の報告によると、2020年10月20日に、外国投資家の新規登録資本、調整資本、株式取得資本の合計は234.8億ドルに達し、2019年同期比の80.6%に留まった。

そのうち新規投資プロジェクトは2,100件、2019年同期を32.1%下回った。額にして116.6億ドル、2019年同期比で9.1%減少した。

調整資本について、登録プロジェクトは907件、2019年同期を20.8%下回ったが、額にして57.1億ドル、2019年同期比で4.4%増加した。この10ヶ月の調整資本における増加は、タイに投資されたバリア・ヴンタウ省でベトナム南部石油化学プロジェクトが資本の13.86億ドルを追加したこと、及び西湖の西都市中心プロジェクトが774百万ドルを追加したことにあった。

株式取得の資本について、外国投資家による株式取得の投資回数は約5,451回、前年同期より27.4%減少した(額にして61.1憶ドル、前年同期より43.5%減少)。総資本金における株式取得資本の割合も2019年同期より減少し、2019年8月までの比較で37.1%、2020年10月までで26%であった。

外国投資局によると、実施資本金は約158億ドルと予測され、2019年同期比で97.5%を占めた。

投資分野について、外国投資家は18分野に投資した。そのうち、第一位は生産・加工産業で、投資資本金額が約107憶ドル、総登録資本の45.7%を占めた。第二位は電力供給の分野で、投資資本金額が約48憶ドル、総登録資本の20.5%を占めた。次に、不動産経営分野(約35億ドル)、小売販売分野(14億ドル)と続いた。

投資パートナーについて、109の国家と地域がベトナムに投資した。そのうち、総投資額の31.9%(75.1億ドルに相当)を占めたシンガポールは、最も大きなパートナーであった。第二位は韓国で、登録投資額は34.2億ドル、総投資額の14.6%を占めた。第三位は中国で、登録投資額は21.7億ドル、総投資額の9.2%を占め、次に日本、タイ、台湾等と続いた。

新規プロジェクトの投資国について、528件を有した韓国は第一位であった。第二位は中国(294件)、第三位は日本(226件)、次いで香港(164件)であった。

投資地域について、外国投資家は59省、市に拠出した。バック・リエウ省は第一位、登録投資金額は40憶ドルで、総投資資本額の17%を占めた。第二位はホーチミン市で、登録投資金額が34憶ドル、総投資資本額の14.6%を占めた。第三位はハノイ市で、登録投資金額が313憶ドル、総投資資本額の13.3%を占め、次にバリア・ヴンタウ省、ビン・ズオン、ハイ・フォン市であった。

新規プロジェクトの件数について、第一位は776件を有したホーチミン市、続いてハノイ市(438件)とバック・ニン市(125件)であった。

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

マッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。特定都市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


ベトナム現地ニュース記事一覧へ戻る

ページ上部へ戻る