港湾システムの建設と開発への投資

  • 2020/12/31
  • 港湾システムの建設と開発への投資 はコメントを受け付けていません
港湾システムの建設と開発

引用元:トナム産業投資促進のポータルサイト「INVEST VIETNAM」

2019年から2023年の期間、ベトナムへの外国投資の波を歓迎する準備をしている政府・企業と共に、海事産業はこれを誘致するための画期的な解決策を研究、提案してきた。具体的には、海洋インフラストラクチャを開発するために、社会の資源、ODA、FDI、債券発行、BOT、PPP、土地基金および関連サービスの利用・譲渡など、さまざまな形で多くの経済セクターから国内外の投資資本を引き付け、すべての好条件を提示した。特に、海港システムへの投資を重視し、外国企業がベトナムに工場を建設するために、海港は最も重要な条件であった。

現在まで、カイラン、ハイフォン、ダナン、ズンクアット、クイノン、ティバイ、サイゴン、カントーなどの主要な港は、承認された計画に従って投資されてきた。近年、海事業界はODA資本を利用して、カイラン(クアンニンー北部)、ティエンサ(ダナンー中部)、カイメップ・ティバイ(バリア・ヴンタウー南部)の3地域における主要港への投資を完了していた。基本的に、港湾システムは輸出入品の流れと国内地域間の海上連絡を確保し、経済成長に積極的に貢献し、国の経済・社会開発のニーズに応えてきた。

国内の社会化資本とODA資本に加え、最近、世界の輸送と港湾運営の分野で、ハッチソン、PSA、DPワールド、SSA、マースクA / S、CMA-CGMなど、多くの主要企業が港湾インフラに投資したFDI資本もあった。これはベトナムの海港にとって、世界をリードする海事企業や港湾事業者のグローバルサプライチェーンの一部になるための非常に有利な基盤であった。

現在、ベトナムには国際的な港、つまり世界の中規模サイズの船を受け入れる資格のある大きな港が不足している。一方、海運およびロジスティクス業界は、過去2年間で急速に成長した。多くの港、特に中南部の港は、設計された港の処理能力を超えており、多くの外国人投資家は、貨物量に達すると港の乗り換えと出発に以前より時間がかかるという不満を表し始めていた。今後、Covid19のパンデミックが抑制されると、FDIの波がベトナムに強く浸透し、自由貿易協定が徹底して施行され、生産、輸出、輸入貿易が急増する背景の中で、ベトナムが全国の海事、海港およびロジスティクス・インフラストラクチャ・システムへの良好な投資を引き付ける開発方針、計画および戦略を迅速に立てない場合、海港が許容容量を超過する危機となる。ここでの投資には、アップグレード、拡張、および新規建築への投資が含まれる。

海上および港湾インフラストラクチャ構築への投資を誘致する際、いくつかの注意点は、港湾の建設、生産を開発し、相乗を図るために地域への投資を誘致する戦略と実際にリンクさせる必要があることである。各港は稼働中、適切な容量、効率、持続可能性の面から使用されることを保証するべきである。 また、港湾建設への投資を高度な港湾管理モデルの構築と関連付け、港湾運営への投資を最適化する必要がある。

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

マッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。特定都市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


ベトナム現地ニュース記事一覧へ戻る

ページ上部へ戻る