4月下旬で最も注目されている投資ニュース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ビジネスマッチングイメージ

引用元:カントー市投資促進センターHP

「南部石油化学コンビナートは正式に資本金を1兆3860億ドル増加」
「コロナウイルスの流行中、タイの投資家はベトナムに資本を追加」
「2023年、マイトゥアン↔カントー高速道路の通行料金徴収を譲渡する提案」
というニュースはここ1週間で最も注目されている投資関連のトピックスです。

ロンタン空港プロジェクト:ドンナイ省は迅速な手続きをして補償を支払います

 ドンナイ人民委員会はビンソン社のロンタイン国際空港プロジェクトを実施するために政府が土地を回収したときの補償を計算しています。地価を承認した後、ロンタイン地区の行政機関は人民に補償を支払うため手続きを早く完了します。

地方の行政機関はロンタイン空港プロジェクト地域の人民に補償を支払うために、資料検証と標準地価確認を緊急に実施しています。

 ロンタイン国際空港を建設するために、ドンナイ省は5,000ha以上の土地を回収する必要があります。そのうち約2,400haの土地は世帯や個人で所有して使用されます。

 2020年10月の計画によると、ドンナイ省は2021年の第一段階にロンタイン国際空港が建設されるために投資家にサイトクリアランス優先エリアのうち、約1,800haを引き渡す予定です。
ドンナイ省は過去に、世帯が所有する630haを超える優先土地の起源の測定、集計、検証を緊急に実施してきました。

 4月17日、ドンナイ人民委員会は政府がロンタイン地区のビンソン社で土地を回収した際、人民に補償するため地価を正式に承認しました。

 したがって、ロンタイン国際空港プロジェクトの第一段階を実施するために、政府はビンソン社の約1,700haの土地を回収して人民に補償する予定です。
最も高い補償価格は、主要道路に隣接する土地区画の場合、510万ドン / m2を超えます。
最低価格は、養殖用地の場合、16万1千ドン/ m2です。
特に、農村部の土地は150万ドンから460万ドン / m2に補償されています。

 承認された地価に基づいて、ロンタイン地区の行政機関は、人々への補償のために補償価格を適用して、土地を補償する文書を緊急に完成させています。

 補償価格を適用するには、ビンソン社人民委員会が土地利用の現状を確認し、土地区画の技術標準化文書を処理して現実に合わせる必要があります。

 ビンソン社人民委員会によると、630ha以上の土地が優先地域の世帯と個人で所有して使用され、合計1,028の土地区画記録があります。これまでにすべての土地区画記録が測定され、カウントされました。特に、地元当局は手続きが完了された700冊以上の土地を補償する文書に対して地価を適用することを実施しています。

 残りの文書に対して、土地区画の技術標準化文書と実際の土地使用領域に差異がある場合は、法律に準じ、再検証する必要があります。

 ロンタイン地区人民委員会の副委員長のレ・ヴァン・ティエップ氏は、この地域では回収する必要な土地全体の測定と集計作業を完了しようとしたと述べました。
特に第一段階のロンタイン空港建設のためのサイトクリアランスの優先エリアについては、測定とカウントの作業が完了しました。
したがって、正式文書を確認し、補償価格を適用した後、ロンタイン地区は補償と支援額を公開します。
同時に、5月20日の中旬にかけての人民への補償金支払いを実施します。

ベトナム政府は外国投資協力の効果を改善するための8つのミッションを策定

 2030年までに外国投資協力の効果と質を向上させる政策の完成の方向について政府は、政治局の2019年8月20日の決議No. 50-NQ / TWを実施するための政府の行動計画に関する決議No. 58 / NQ-CPを公布したところです。

 政治局は2019年8月20日の決議No. 50-NQ / TW(決議No. 50-NQ / TW、XII期間)を承認しました。
高い競争力と国際統合を備えた外国投資協力の制度と政策を完成させる/成長モデルについて更新の要件、経済の再構築、環境の保護、社会問題の適切な解決、経済の生産性・品質・効率性・競争力の向上の要件を満たします。外国投資協力に関する制度と政策の実施の構築、完成、組織化における既存の制限と欠点を克服する。 2021年以前のASEAN 4グループと2030年以前のASEAN 3グループに属するビジネス環境と競争力を創出します」という全体的な目的として実施しています。

 「決議No. 50-NQ / TW、XII期間の目的・タスク・対策」「世界経済は多大な変化があり、主要経済国間の貿易摩擦が激しい状況における海外からの投資の移転傾向の評価」「主要経済国間の貿易紛争の影響」「COVID-19により、世界的不況の影響」に基づいて政府は困難を克服し、今後外国投資協力の機会をつかむための行動計画を発表しました。

 決議No. 50-NQ / TW XII期間の設定された目標を達成するために、今後、通常のタスクに加えて政府は各省、政府付属機関、市人民委員会、中央直轄市に8つのタスクを具体化して実際することを要求します。
これら8つのタスクの具体的な内容は、次のとおりです。

1-行動実施において意識の革新を向上する
2-社社会政治的およびマクロ経済的安定を強化する。事業投資環境を改善する生産性、品質、効率、競争力、経済の独立性を向上する
3-外国投資に関する制度と一般政策を完成させる
4-投資誘致にかんする制度と政策を完成させる
5-投資家の責任と協力を保護し促進するため制度と政策を完成させる
6-投資管理および監督方針のメカニズムを完成させる
7-投資促進の活動において効果を向上して革新する
8-外国投資について国家管理の有効性と効率を高める

 政府は、各省、行政機関、地方自治体に、割り当てられたタスクを実行するための計画を策定するよう要求しました。
同時に定められた決議を実施するために、公布または関連する法的文書の修正および補足のために管轄当局に緊急に提出するよう要求しました。

 各省は定期的に、専門分野別の外国投資の国家管理状況を分析および評価するデータを、更新して統合します。
さらに外国投資プロジェクトの困難を取り除き、政策調整を迅速に提案するために、各省庁が管理する専門法の実施レビュー、検査、監督を強化します。

 各市、地方の人民委員会および中央直轄市の代表者は、各地方、各機関、各個人が義務実施を検査および監督することを肩代わりしています。
実際の状況にこだわり、タイムリーな対策を講じるか、迅速かつ効果的なソリューションを指導するための管轄当局を提案するため、積極的に監視しています。
毎年定期的に(3月31日までに)、実施結果について計画投資省に報告し、6月30日までに首相に要約して報告します。

 計画投資省は主な責任を負い、決議の実施検討、検査、監督において関係省庁と調整するものとします。さらにこの決議に述べられている内容の実施の状況と結果について毎年政府と首相に要約し報告しています。

首相はロンタイン空港のクリアランスを督促

 政府事務所は、ロンタイン国際空港の用地取得、補償、支援、再定住プロジェクトの実施とドンナイ省の社会経済問題に関するオンライン会議で、首相のグエン スアン フックの結論を知らせました。

 通知では、ドンナイ省は南部の主要経済圏に位置していたと述べられています。
ドンナイ省は大規模な人口、大規模な経済規模、多様な開発などが豊かな省です。
ドンナイには多くの工業団地があり、国内で最初の2つの省の1つであり、新しい農村地域の建設が完了している、国内で最大の豚生産量を誇る省です。
COVID-19の大きな影響にも、ドンナイ省は多くの努力を払い、GDPと国家予算の両方で最も大きな成長を達成しました。
多くの市民がいますが、ドンナイ省は新型コロナウイルスの(COVID-19)に対して、防止および制御活動においては、政府および保健省の指示と指導に従って適時に実施し、感染者は一人しか確認されませんでした。

 今後、流行の状況が制御された直後にドンナイ省は積極的にインフラと生産を開発して新たな勢いを生み出すことが必要です。社会経済の発展に注目を当てるが、COVID – 19の状況によって防疫計画や対応計画の策定が用意されています。

 公共投資使用の支出を加速することは、成長を促進するための非常に重要なタスクであり、COVID-19により影響を受けた他の地域の減少を、部分的に相殺します。
したがって、ドンナイ省の人民委員会は、ロングタン国際空港の用地取得、補償、支援、再定住プロジェクトの実施に焦点を当てる必要があります。
数年にわたった多くの努力にもかかわらず、各省の指導者によって評価された要件と比較して、それはまだかなり遅いです。
約束通り、ドンナイ省は2020年に割り当てられた資本使用(17兆057億ドン)の支出を完了するように要求されています。

 ロンタン国際空港プロジェクトは、国会の決議に従って2021年の第一四半期に開始し、2025年に第1段階を完了するために、首相はドンナイ省の人民委員会と関係機関に以下の仕事に集中するよう要求しました。

 ドンナイ省の人民委員会は、地価を決定する・補償および支援計画を承認する・支払い作業を進める・土地の起源を確認するなどの作業を早く完成します。
再定住区と技術インフラの建設を指示することに焦点を当てます。

 加えて、ロンタン空港プロジェクトの建設を迅速に開始するためには、具体的かつ抜本的な方向性に焦点を当て、基本的に2020年に建設地を完了する必要があります。
補償、支援、などに関連する困難や問題の解決を支援するために、省庁に積極的に提案します。

 天然資源環境省と財務省は、政策の枠組みと他の問題の差との対処において、政府が土地を回収した際の補償、支援に関する政府の政令No. 47/2014 / ND-CPの2014年5月15日の実施を指導しています。

 運輸省は、実現可能性調査報告の評価を最終決定する際に、計画投資省と迅速に調整するものとします。
ロンタン国際空港プロジェクトの実施を指示し、進展を確実にします。
最初に、ロンタン国際空港の計画と関連する輸送プロジェクトに関連する問題を迅速に解決して、建設地の引き継ぎを加速します。

石油化学コンプレックスは正式に13億8,600万ドルの増資

 南部石油化学コンプレックスプロジェクトは一時的な停止の後、投資資本が13億8,600万ドルが増加させることが許可されました。
したがって、このプロジェクトには約51億ドルの投資資本があります。

 外国投資庁(計画投資省属直)の外国投資誘致に関するレポートの注目すべき情報は、南部石油化学コンプレックスプロジェクトが正式に資本を調達したことです。 13億8,600万ドルが追加されました。

 したがって、この石油化学コンビナートは多くの待機と提案を経て、技術と能力の調整を通じて競争力と経済効率を高めるためにベトナム政府機関から投資の拡大を許可され、資本を現在の37億ドルからほぼ51億ドンに引き上げました。

 10年以上の中断後、2008年に投資することが決定され、何度も投資家変更と調整を受けたロンソン石油化学コンプレックス(南部石油化学コンプレックス)にとっていい結果となりました。

 このプロジェクトの投資家リストには、ベトナム国営石油ガスグループ、ベトナム化学 グループ、カタール石油などがあります。

 最後に、2018年6月までに、SCGグループがベトナム国営石油ガスグループの株式の29%を購入する契約に署名した後、ロンソン石油化学コンプレックスはタイ企業の100%投資プロジェクトになりました。
SCGの投資所有権を71%から100%に増加しました。

 何年にもわたる延期あと、プロジェクトは2018年の初めから建設を開始しました。
しかし現在、当初の予定より遅れており、実施を加速するよう当局から催促されています。

 昨年、SCGグループは、投資資本を増やすという提案とともに、2022年末までにプロジェクトを運営することを約束しました。

 当初、資金追加の提案は、プロジェクトへの資金調達の可能性に関する懸念のため、当局により承認されませんでした。しかし、審議を経て、決定は可決されました。

 プロジェクトが投資資本を増やすためには、バーリア ー ブンタウ省の計画投資局がプロジェクトの投資資本、特に投資家の資本貢献を見直し、明確にする必要があります。

 南部石油化学コンプレックスプロジェクトのおかげで、4月に外国直接投資(FDI)の増加は同時期に45.6%増加し、30億7,000万ドルに達しました。一方、今年の最初の3か月では、調整資本は継続的に減少しました。

 このプロジェクトのおかげで、今年の最初の4か月間のベトナムへの外国からの投資総額は123億3,000万ドルに達し、2019年同期比の84.5%に相当しました。

 この減少は主に、出資と株式購入による外国投資資本の急激な減少によるものです。
実際、新規登録資本と増加登録資本の両方を含む外国直接投資(FDI)は、同じ期間に増加しました。

 外国投資局のデータによると、過去4か月に新たに付与されたFDIは67億8,000万ドルに達し、同期間で26.9%増加しました。

 今年の最初の4か月で、バクリューLNG 電力プロジェクトに投資登録証明書が付与され、総投資額が40億ドルに達したため、新しく登録されたFDIが増加しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    2021-9-22

    Bizmatchベトナム日系企業インタビュー第18回:ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    私の妻はベトナム人だ。国際的だ、グローバルだといわれるが、私にとってみれば結婚しようと思った相手がた…
  2. ビンナム有限会社

    2021-10-1

    ビンナム有限会社

    当社の配電盤を注文してくださるパートナーを探しています。また、配電盤の製造分野において、技術を指導し…
  3. フンマン林産物加工有限会社

    2021-9-11

    フンマン林産物加工有限会社

    工業合板、ベニヤ合板等の建設業用木材を輸入するニーズがある日本のパートナーを探してます。当社の製品は…
  4. ベトナム建設機械グループ株式会社

    2021-10-1

    ベトナム建設機械グループ株式会社

    当社は1時間あたり150~300トンの中古石破砕機、1回あたり1m3~3m3の圧送能力の中古コンクリ…
  5. ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    2021-9-21

    ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    ホーチミン市。ベトナムを独立へと導いた指導者の名前を冠した街です。元の名称はサイゴンでしたが、197…
ページ上部へ戻る