• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
カントー市の工業化と近代化

引用元:経済推進情報サイト「カントープロモーション」

「国家の工業化と近代化の時代においてカントー市を建設して開発する」という2005年2月17日付の決議45-NQ / TWを15年間実施した後、 カントー市の社会経済は多くの肯定的な結果を達成しており、物質的および精神的な生活の価値は常に増加しています。

産業とサービスは正しい方向に発展します

中央経済委員会によるNQ45実施の15年間の報告書草案によると、カントー市は過去15年間、決議NQ45により、非農業部門の割合を増やし、農業部門の割合を大幅に減らす傾向にあり、経済構造を正しい方向にシフトしてきました。建設・工業・サービスの割合は92.3%に達し、残りの農業は2019年にGRDP構成で7.7%を占めました。工業は非常によく成長しており、2005年〜2015年の平均成長率は年間15.5%、 2016年〜2019年の期間では年間約8%増加しました。食品および飲料加工工業は、依然として市の工業構造の主要な割合であり、地場産業における総生産額の最大70〜80%の割合で増加し続ける傾向があります。2014年〜2019年の期間に、市の技術と機器の革新の率は年10.2%に達しました。ハイテク製品全体の割合は、年28%に達し、市の総輸出額の90%以上を占めています。カントー市は、国内の情報技術(ハードウェア製作、ソフトウェア製作、デジタルコンテンツ制作)の分野においてトップ10位に入っています。

カントー市の商工局局長のグエン・ミン・トーアイ氏は「この都市の工業は、加工および製造業の割合を増やす方向に発展します。特に、メコンデルタには最大の米輸出国があります。 水産分野において企業もアメリカ、日本、ヨーロッパなどという厳しい市場を征服し、アフリカ市場に拡大しています。最初の一歩は裾野産業、高度な技術の産業と環境に優しい産業が育成しています。同時にカントー市は環境に配慮したハイテクも開発しています。」と述べました。

2011年〜2019年のサービス分野のGRDP成長率は、2019年までに年平均7.48%増加し、GRDPの59.34%に貢献しました。カントー市社会経済研究所所長のフイン・ヴァン・トゥン博士によると、カントー市の商品とサービスの総小売売上高はメコンデルタ最高で、2006年~2019年の時期の成長率は年間20%です。現在、観光は徐々にカントー市の主要な経済分野になり、観光客の数は年間平均17.1%増加し、2019年の収益は2005年に比べて16倍に増加しています。カントー市は、国内外からの観光客の目的地だけではなく、他省の観光地へのアクセスも良い都市です。

成長動機

カントー市の投資とビジネス環境は、絶えず改善され、行政手続きも改革されているため、多様な経済と投資誘致を推進しています。2019年の社会的な投資資本は、52兆860億ドンとなり、2005年の7.1倍に達しました。中央政府直の5都市の中で、4番目にランクインし、メコンデルタで1位です。特に、国際機関やパートナーからの政府開発援助(ODA)リソースは、10のプログラムとプロジェクトの14兆7,460億ドンの投資資本を占めています。都市の社会経済開発に大きく貢献しており、ほとんどのODAプロジェクトは、交通、健康、給水、衛生に焦点を当てます。

2018年8月7日、首相は、カントー市に対する投資・金融・予算に関する規則という103/2018 / ND-CP政令を制定しました。 2018年10月10日から施行され、政令103のおかげで新しい開発期間中においてカントー市は中央ではなく、国内外からも資源を引き付けることが強化されています。

カントー市交通運輸局の局長であるル・ティエン・ドゥン氏は、カントー市のインフラストラクチャーはますます同期的に投資され、都市建設に貢献し、輸送能力を向上し、道路交通秩序を確保することにより、国内外からの投資家を誘致していると述べました。

カントー市社会経済研究所所長のフイン・ヴァン・トゥン博士によると「今後の期間、メコンデルタの役割を明確に示すために、カントー市は社会・経済インフラへの直接投資において中央政府および地方と緊密に連携することが必要です。市は、既に確立された国際協力関係より得られた、積極的な成果の強化と促進をし続けことが重要です。」と発表しました。

カントー市は、2020年に新しい農村が中央部に承認されるよう努力しています。2019年の農業生産の合計は、2006年と比較して35%増加し、13兆5,310億ドンに達します。 年間2.2%増加し、農村地域の一人当たりの年収は4,500万ドン以上です。

カントーに関する多くのコメントは、地域の経済、教育、訓練、保健、文化、科学技術の中心としてメコンデルタ全体の玄関口の役割を徐々に証明しています。しかし、市の開発プロセスは、まだ市の潜在能力に見合ったものではなく、メコンデルタでの玄関口として中心の役割は低いです。カントー市の商工局局長のグエン・ミン・トーアイ氏は、「カントー市は、地域の中央になるように、より同期的に投資され続ける」と述べました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ベトナム建設機械グループ株式会社

    2021-10-1

    ベトナム建設機械グループ株式会社

    当社は1時間あたり150~300トンの中古石破砕機、1回あたり1m3~3m3の圧送能力の中古コンクリ…
  2. ベトナム観光旅行記:第5回「ダラット」

    2021-10-11

    ベトナム観光旅行記:第5回「ダラット」

    ベトナム中部高原ダラット。ホーチミン市からなら車で6時間30分、飛行機で行けば1時間弱で到着します。…
  3. ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    2021-9-22

    Bizmatchベトナム日系企業インタビュー第18回:ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    私の妻はベトナム人だ。国際的だ、グローバルだといわれるが、私にとってみれば結婚しようと思った相手がた…
  4. アートインテリアデコレーション株式会社

    2021-10-1

    アートインテリアデコレーション株式会社

    当社のテレビ台、ベッドセット、ソファ、テーブルと椅子等のウォーターヒヤシンス製品及びソファセット、椅…
  5. フンマン林産物加工有限会社

    2021-9-11

    フンマン林産物加工有限会社

    工業合板、ベニヤ合板等の建設業用木材を輸入するニーズがある日本のパートナーを探してます。当社の製品は…
ページ上部へ戻る