EU・ベトナム自由貿易協定(EVFTA)が正式発効。業界は非課税に歓喜する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
メコンデルタ地域での収穫期

引用元:経済推進情報サイト「カントープロモーション」

8月1日よりEU・ベトナム自由貿易協定(EVFTA)が正式に発効しました。この協定に基づき、農産物、特にベトナムの米製品はEUへの輸入税が免除され、年間8万トンの輸入割当が適用されています。カントー市の多くの企業は、ヨーロッパ市場への米の輸出が長い間待たされた後、正式に非課税になったときの興奮を共有しています。

内力は準備ができています

EU市場には米品質の厳しい要求があり、農産物の種類ごとに輸出量の規制がありますが、カントーの多くの企業は、長年にわたり準備を行ってきたため、依然として楽観視しています。チュンアンハイテク農業株式会社社長のファム・タイ・ビン氏は「当社は2006年より『ジャスミン85米』の製品を最初の注文として、スイスに輸出しており、300万ドルに相当しました。現在までに毎年平均約10,000トンの米をフランス、ドイツ、スイス、スペインといったヨーロッパ諸国に輸出しています。特に、高度クリーン米、有機米を生産するために大規模な畑を構築しており、生産から消費までのプロセスは、ヨーロッパ、アメリカの評価基準に基づいて運用されています。また顧客のニーズに応じた製品の供給と品質を確保するために、ドイツの技術に従って乾燥米を貯蔵するために10サイロに大胆に投資しています。」と述べました。

ゴック・クアン・ファット輸出入株式会社は、5年間でヨーロッパ市場に製品を輸出し、HACCP、ISO、輸出ライセンスなども取得しました。同社長のブイ・ティ・ビッチ・フエン氏は「ヨーロッパの企業は、現地の工場を直接訪れ、米の品質調査と評価をしました。しかし、輸入税が高額なため、ヨーロッパ企業は価格交渉をしたり、低価格での契約を締結することがよくありました。ベトナム米はヨーロッパ市場に輸出する際、国によっては5%〜45%の高課税が適用されていました。高い課税だけでなく、長距離輸送の費用も掛かり、支払いが遅くなる問題を抱えてきました。ベトナム企業が地域諸国に輸出する場合は、3日以内に支払いを受けることができます。ヨーロッパに輸出する場合は2〜3ヶ月ほどかかり、売上げも少ないですが、ヨーロッパのパートナーとの関係を維持するために輸出活動も維持しています。」と述べました。

市場シェアを獲得するためのスピードアップをする

割当量が8万トンで、ヨーロッパ市場への米の輸出業者は、内部資源を準備しているため、競合を心配する必要はありません。チュンアンハイテク農業株式会社社長のファム・タイ・ビン氏は「政府は計画プロセスに従って農産物の輸入割当量を交渉するため、次の年の米の輸入割当量は変わる可能性があります。通常、3〜5年後、市場の需要に応じて輸入割当を徐々に調整されます。また7月には、3つのコンテナをフランス市場に輸出することに成功しました。これも初めてのことで、ベトナム米のブランドは、ヨーロッパの消費者に直接販売する資格があります。当社は新規注文を期待しています。」と述べました。

EVFTAが正式に発効し、市場が開かれています。ゴック・クアン・ファット輸出入株式会社社長のブイ・ティ・ビッチ・フエン氏によると「米をヨーロッパ市場に輸出するために企業は5年間で製品品質の構築、市場の構築、必要なライセンスの準備ができています。ベトナム米は欧州市場に輸入すると税金が免除されており、価格も手頃です。ガーナ(アフリカ)に輸出する場合は600ドル/トンを超える可能性があります。内部リソースは利用可能ですが、パートナーの支払い期限が2〜3ヶ月先と遅く、欧州市場への輸出量を増やすために、企業は銀行からの長期資本にアクセスする必要があります。」と発表しました。

カントー市商工局局長のグエン・ミン・トーアイ氏は「カントー市には現在41の米輸出者があります。それらの多くは、複数農地の共同利用、加工、包装、輸出までクローズドプロセスで積極的に生産されています。内部リソースは準備が整っているため、企業はEVFTAが発効すると、早速ヨーロッパ市場への輸出量を増やす多くのチャンスがあります。商工局側ではEVFTAのチャンスを効果的に活用するために輸出業者、特に米輸出の企業を支援しています。」と述べました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    2021-9-22

    Bizmatchベトナム日系企業インタビュー第18回:ベトナム雑貨HOA LY/高野有貴

    私の妻はベトナム人だ。国際的だ、グローバルだといわれるが、私にとってみれば結婚しようと思った相手がた…
  2. ベトナムビジネス支援サービスメニュー

    2021-9-3

    サービスメニュー

    日本企業とのビジネス関係を希望するベトナム企業をご紹介しています。ビジネスの検討や商談をより身近で、…
  3. フンマン林産物加工有限会社

    2021-9-11

    フンマン林産物加工有限会社

    工業合板、ベニヤ合板等の建設業用木材を輸入するニーズがある日本のパートナーを探してます。当社の製品は…
  4. ベトナム第15期国会議員選挙

    2021-7-25

    ベトナム第15期国会議員選挙の結果ついて

    国家選挙評議会は、2021年6月10日(水)第15期(2021年〜2026年・任期5年)国会議員(定…
  5. ベトナム観光旅行記:第5回「ダラット」

    2021-10-11

    ベトナム観光旅行記:第5回「ダラット」

    ベトナム中部高原ダラット。ホーチミン市からなら車で6時間30分、飛行機で行けば1時間弱で到着します。…
ページ上部へ戻る