カントー市ニンキウ区人民委員会、約1兆ドン規模の技術インフラ開発事業実施方針を提出

  • 2021/4/17
  • カントー市ニンキウ区人民委員会、約1兆ドン規模の技術インフラ開発事業実施方針を提出 はコメントを受け付けていません
カントー市インフラ開発

引用元:経済推進情報サイト「カントープロモーション」

カントー市ニンキウ区人民委員会は、アンホア街区ファムグーラオ通りの開発および技術インフラ構築事業の実施方針を市人民委員会に提出した。事業総面積は8万644平方メートル、投資総額は9,880億ドン(約49億4,000万円相当)の予定で、9,810億ドン(約49億500万円相当)の収益が見込まている。カントー市人民委員会委員長はこの方針を受け、建設局が主体となって計画投資局、財政局、資源環境局、ほか各関係機関と連携し、提案された事業の実施について精査するよう指示をした。

ニンキウ区人民委員会は過去、ファムグーラオ通りをマウタン通りまで拡張する案を、投資資金に関する基本的な手続きも終えた上で市人民委員会に提出したが、市の承認を得られなかった。ニンキウ区人民委員会は反対意見で挙がった課題点を解決し、一部内容を修正の上、今回再び提出した。今回の事業案では、ファムグーラオ通りの技術インフラシステムを構築し、近隣道路と接続することで包括的な開発を行い、美しい都市景観を生み出すことを目標に掲げた。また、住民の生活環境を向上させ、経済・社会の成長を促す。他にも、区で実施されている再定住事業を進めるために、土地開発および商業施設エリアの開発も行う。

事業投資総額は9,880億ドンで、内、補償金や支援金が7,150億ドン(約35億7,500万円相当)、建設費が950億ドン(約4億7,500万円相当)、借入金利子が970億ドン(約4億8,500万円相当)、予備費が810億ドン(約4億500万円相当)の予定だ。資金源は国庫や財政調整基金、市の土地開発基金や開発投資基金から借り入れる。事業実施期間は事業および事業資金借入れが承認された時点から3年間の予定だ。

事業総面積は8万644平方メートルで、内、土地区画361か所が3万937平方メートル、高層ビル建設地が1万3,040平方メートル、道路建設地が1万3,059平方メートル超で、残りは植樹地、歩道となる。ニンキウ区人民委員会によると、土地開発による収入が総額2兆4,690億ドン(約123億4,500万円相当)で、建設・補償費用・補助金の支出が総額9,880億ドン、政府に対する土地使用料の支出が5,000億ドン(約25億円相当)となるため、事業収益は9,810億ドン(約49億500万円相当)となる見込みだ。

カントー市中心部での大規模開発が提案された。ニンキウ区は市の中心部に位置する区で、承認されれば大きなインパクトが期待できる。当事業の今後の動向に注目したい。(ベトナムニュース邦訳ライター 鶴田 志紀)

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

マッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。特定都市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


ベトナム現地ニュース記事一覧へ戻る

おすすめ記事

  1.  decoding

    2022-10-27

    日本企業に勤務経験あるベトナム人技術者らが設立したファクトリー・オートメーションのエンジニアリング会社/ベトナムコンピタンス株式会社

  2. フォーエン機械株式会社_工場

    2022-11-24

    日本語のできるスタッフを抱え、日系オートバイ会社に部品を供給、輸出にも積極的/フォーエン機械株式会社(FOMECO)

  3. ベトナム技術工業グループ株式会社工場

    2022-11-14

    「従業員は家族」「会社の責任の第一は従業員に」ベトナムのローラーコンベア、工場内搬送設備メーカー/ベトナム技術工業グループ株式会社

  4. 911グループ株式会社建設機会

    2022-11-23

    建設機械新台販売で上場、将来は産業用ロボット、飛行機の製造が夢/911グループ株式会社

  5. ベトナムビジネス支援サービスメニュー

    2021-9-3

    サービスメニュー

カテゴリー一覧

更新 : 2022/11/02
COVID-19新型コロナウイルス特集
市川匡四郎のニュースコラム
Hanoi首都ハノイ特集
Can Tho産業都市カントー特集
一流のサービスを受ける人になる方法 極
ページ上部へ戻る