近隣県における不動産市場の成長を促進する要因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ビジネスイメージ

引用元:情報通信省の情報サイト「カントー新聞」

不動産が安定的に成長できる要因はインフラストラクチャの改善、人口密度の増加、およびCOVID-19流行後の社会経済的回復が含まれる。

ハノイ市とホーチミン市は取引額で第1レベルの不動産市場であった。しかし最近、市内の不動産価格が高くなる一方、供給はますます不足してきた結果、不動産の投資は郊外にシフトする傾向がある。

逆に、カントー市、ドン・ナイ、ビン・ズオン、ハイ・フォン、クアン・ニン等の第2レベルの不動産市場は価格が手頃で、インフラストラクチャーを一括して改善したことにより、投資家に対して魅力的な投資先になった。そのうち、カントー市は最も経済が急激に成長している都市であった。GRDP(域内総生産)は平均7.53%増加した。人口は120万人を超え、人口密度は全国の3倍であった。 さらに、インフラストラクチャへの投資により、投資家はカントー市の不動産市場の成長により多くの期待を寄せていた。

カントー市は都市化の途上にあり、住宅所有の大幅な需要がある

カントー市の都市化について、農村から都市へ人口がシフトする傾向にある。都市に集中する人口は約860,393人、総人口の69.66%を占めた。一方、農村は30.34%を占めた。カントー市の人口は約858人/km2で、全国の密度(290人/km2)の3倍、メコンデルタ地域密度(423人/km2)の2倍、全国の63省で第12位にあり、高い密度であった。

インフラストラクチャーの改善はカントー市における不動産市場のニーズを促進した

各高速道のプロジェクトは2021年のお正月に有効となる見込みである。同時に、交通運輸省も第2号ミ・トゥアン橋とミ・トゥアンーカントー市高速道のプロジェクトを展開し、ホーチミン市とカントー市をスムーズに接続する。それに伴い、同省は2021年から2025年にかけて、カントー↔バック リエウ↔カ マウ都市ルートを結ぶ高速道路の計画も追加された。

カントー市は人口密度及びインフラストラクチャーへの投資により、中央から関心を集め、2020年の年末から2021年に投資家を誘致する魅力的な投資先であると期待されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ベトナム建設機械グループ株式会社

    2021-10-1

    ベトナム建設機械グループ株式会社

    当社は1時間あたり150~300トンの中古石破砕機、1回あたり1m3~3m3の圧送能力の中古コンクリ…
  2. ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    2021-9-21

    ベトナム観光旅行記:第4回「ホーチミン市」

    ホーチミン市。ベトナムを独立へと導いた指導者の名前を冠した街です。元の名称はサイゴンでしたが、197…
  3. フンマン林産物加工有限会社

    2021-9-11

    フンマン林産物加工有限会社

    工業合板、ベニヤ合板等の建設業用木材を輸入するニーズがある日本のパートナーを探してます。当社の製品は…
  4. ベトナムビジネス支援サービスメニュー

    2021-9-3

    サービスメニュー

    日本企業とのビジネス関係を希望するベトナム企業をご紹介しています。ビジネスの検討や商談をより身近で、…
  5. ビンナム有限会社

    2021-10-1

    ビンナム有限会社

    当社の配電盤を注文してくださるパートナーを探しています。また、配電盤の製造分野において、技術を指導し…
ページ上部へ戻る