メコンデルタ開発計画の策定について

  • 2020/3/5
  • メコンデルタ開発計画の策定について はコメントを受け付けていません
ビジネスマッチングイメージ

引用元:カントー市投資促進センターHP

 計画・投資省は3月4日にカントー市で、2021~2030年・2050年までのビジョンや、メコンデルタ開発計画の策定に関する相談セミナーを開催しました。

 ワークショップは、現在の計画とメコンデルタ開発計画と開発シナリオに関して地域から意見を集めることを目的としています。
その中でHaskoningDHV Nederland B.V(ハスコニングDHVオランダB.V会社)とドイツ国際協力公社というコンサルティング機関は5つのメコンデルタ開発のシナリオを提示しました。
シナリオには、経済に影響を与えず開発する2つのシナリオと(S1,S2)と3つの代替開発オリエンテーション(DO3、DO4、DO5)が含まれます。
特に、S1には2025年までの実装を計画およびコミットしているプロジェクトが含まれます。
S2には2030年までに計画され、まだ資金提供されていないプロジェクトが含まれます。
DO3・ DO4・DO5という代替開発オリエンテーションは経済・天然と環境の資源・社会展開の3つの大切な公共投資を優先する方向に構築されています。
経済開発主張は、基本的に現在の経済構造に基づいてGDP成長を最大化しますが、自然資本の破壊と環境汚染の代償を伴うことは避けられません。
環境開発の方向は、天然資源の保護と改善に焦点を当てます。
人材開発オリエンテーションのため経済を近代化するように人材・産業・新しいサービスなどに投資する方法で社会開発と経済開発を公平的・長期的な方向で最大化するためです。

 ワークショップの参加者は、採点基準に基づき、開発オリエンテーションを評価しました。
さらに投資の優先プロジェクトに投入するためにプロジェクト情報を評価するプロセスについて述べました。
多くの意見は2030年までの現在の開発シナリオにおいて矛盾があると言いました。
例えば、高価値農業(果物・野菜・水産養殖…)の拡大に対して稲作地域を維持するなど、地域の比較優位に関係なく工業化目標を高く設定しすぎています。
これらは、将来のメコンデルタ開発シナリオによって早急に解決するべき問題です。
さらに、各代替開発オリエンテーションの長所と短所を評価するため、一般的な目標を具合的な目標に発展させて、潜在的影響をよりよく理解し、対処ソリューションを早急に検討する必要があります。

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

マッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。特定都市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


ベトナム現地ニュース記事一覧へ戻る

カテゴリー一覧

更新 : 2022/07/26
COVID-19新型コロナウイルス特集
市川匡四郎のニュースコラム
Hanoi首都ハノイ特集
Can Tho産業都市カントー特集
一流のサービスを受ける人になる方法 極
ページ上部へ戻る