カントー市の基本情報

 data-srcset

VIETNAM
ベトナム

MEKONG DELTA
メコンデルタ

 カントー市ホーチミン市ハノイ市
面積1,401km22,095km23,344km2
人口156万人(2019年)885万人(2019年)805万人(2019年)
人口密度1,113人/km24,224人/km22,407/km2

地域の特徴および気候

カントー市は、熱帯気候で年間の平均気温は約27度。5月から11月までの雨季、12月から4月までの乾季といった2つの季節に分かれています。
ハウ川、カイロン川、カントー川といった水源が豊富で、整備された川が流れ、この運河による緻密なネットワークによって農作物の生産と輸送にも適した地域です。

交通インフラ

首都ハノイからは飛行機で約2時間10分。ホーチミンからはバスで移動すること約3.5時間から4時間の距離となります。
2008年にカントー国際空港がオープン、2010年には多くの国内便が開通するなど、国内外への流通網が飛躍的に発達しました。
空路だけではなく、2010年にはハウ川を横断するカントー橋が完成し、メコンデルタ州、ホーチミン市および全国を結ぶ重要な交通ルートも接続されています。
さらに、カイクイ港、ホアンディウ港、チャーノック港が取り扱うキャパシティも年々増加し、産業の発展に欠かせない陸路・水路・空路の交通インフラが発達しています。

主な産業

農産、水産および食品加工を中心に、医療や観光業、肥料、防腐剤、医薬品、軽工業(衣類、毛布、ビールの製造)といった、多くの産業に対して積極的に投資、開発がなされています。
カントー市では、工業化された近代都市化を目指していて、農水産物の収穫後の処理、地域のニーズに合わせた消費財の生産、輸出志向産業の発展に向け、各分野に力を注いでいます。

教育レベルの向上と経済の発展性

カントー市には、総合大学、短大、専門学校、職業訓練校、ICTイノベーションセンター、メコンデルタ稲研究所およびその他の科学研究機関システムがあります。また、就学前教育にも力を入れ、若年層を育てる環境が整っています。
これらの環境整備が、近い将来の若い労働力創出へと繋がり、人材資源豊かな将来の状況を生み出すことから、成長著しい国内企業だけではなく、海外の投資企業にとっても魅力的な判断材料となっています。

おすすめ記事

  1. ベトナム建設機械グループ株式会社

    2021-10-1

    ベトナム建設機械グループ株式会社

    当社は1時間あたり150~300トンの中古石破砕機、1回あたり1m3~3m3の圧送能力の中古コンクリ…
  2. ベトナムビジネス支援サービスメニュー

    2021-9-3

    サービスメニュー

    日本企業とのビジネス関係を希望するベトナム企業をご紹介しています。ビジネスの検討や商談をより身近で、…
  3. ナムクンハノイ株式会社

    2021-10-1

    ナムクンハノイ株式会社

    当社の不織布を注文してくださる日本のパートナーを探しています。当社は不織布製造分野の専門業者です。当…
  4. フンマン林産物加工有限会社

    2021-9-11

    フンマン林産物加工有限会社

    工業合板、ベニヤ合板等の建設業用木材を輸入するニーズがある日本のパートナーを探してます。当社の製品は…
  5. ベトナム第15期国会議員選挙

    2021-7-25

    ベトナム第15期国会議員選挙の結果ついて

    国家選挙評議会は、2021年6月10日(水)第15期(2021年〜2026年・任期5年)国会議員(定…
ページ上部へ戻る