カントー市の不動産市場はさらなる成長を遂げます

  • 2020/1/29
  • カントー市の不動産市場はさらなる成長を遂げます はコメントを受け付けていません
ビジネスマッチングイメージ

引用元:カントー市投資促進センターHP

2020年、カントー市の不動産市場は多くの新しいプロジェクトが実施され、製品供給の増加に貢献しているため、肯定的な要素を集約しています。
投資需要と住宅及び土地所有の需要に応じて、不動産に対する信用も増加しています。
インフラストラクチャは、ますます同期化された投資を受け続けており、不動産投資家および投資家は、カントー市不動産市場の成長に対する信念を維持し続けており、インフラを備えた南カントー都市はますます同期化された投資を受け続けています。

メコンデルタのベトナム不動産仲介協会事務所の代表者である ル・プオン・ドン氏は

「旧正月以降毎年に不動産価格が上昇する傾向があります。
通常1ヶ月半から3月の彼岸までに先取先の数が増加します。
4月30日と5月1日の休日の時間を利用し事前調査した情報を元に、市場を調査したのち、販売契約をします。
梅雨の時期には、市場は取引量を減らす傾向があります」と述べました。

 カントー市の不動産市場はまた、全国の不動産市場における需要供給の法則に基づき経済的運動をしています。
メコンランド不動産取引所のディレクターであるドー・コン・クエン氏は、新しい価格レベルを何度も設定することにより、多くの好条件のおかげで市場の成長を証明しているといわれています。
人民と企業の住宅地所有と投資の需要に加えて、カントー不動産市場の魅力は、都心部の交通機関と地域間接続の(状況の)おかげです。
カントー市の南側は、過去10年間のカントー不動産市場の目覚ましい発展の明確な証拠です。
カントーの不動産価格は主要都市に比べて手頃な価格なので、メコンデルタの中やホーチミン市などから購入に来る多くの顧客を引き付けています。

 2019年、カントー市人民委員会は、不動産分野の新規プロジェクトに投資方針を割り当てることを決定しました。
地上クリアランスやインフラ投資、手続きなどが終われば、2020年初頭にある大規模な新しいプロジェクトが展開される可能性があります。
新製品が市場に歓迎されると、実装された過去のプロジェクトの製品のみに焦点を合わせるのではなく、投資オプションの増加に貢献します。
カントー市場は活発に成長しており、多くの新しい不動産取引所が不動産市場に参入しています:ダットザン、センランド、ダンコイ、ロックソンハ、SCホールディング、・・・・カントー不動産市場に参加している新しい取引所は売買活動のため古い商品のリソースを探しながら新しい商品のリソースを積極的に開拓しています。
多くの不動産取引所は古い商品のリソース探しと新たな商品のリソース開拓を同時に実行しているため、カントー市のニンキウ、ビントゥイ、カイランといった中央地域に焦点を当てるだけでなくオモン、ビンタン、コドでもプロジェクトの規模を拡大しています。
この取引所では、ソクトラン、キエンザン、ハウザン、ビンロング、トラビンなどの地方からの製品も販売しています。
それにより、カントー不動産市場ではなくメコンデルタの全体も積極的に進出しています。

 2019年、市内の不動産部門への未払いローンは、22兆270億ドンに達し、総貸付残高の27.1%を占め、2018年末と比較して57.31%増加しました。
これは、2018年末と比較して大幅な増加ですが都市に所属する政府中央直轄都市と全国全体の増加と比較しても、有意ではありません。

ベトナム国家銀行カントー市支店長のチャン・クオク・ハ氏は

「カントー不動産は最近活気づき、不動産信用も高まっています。
その中で、ほとんどの人は家を建て家を買う個人的な目的でお金を借ります。
投資家がより良い方法でプロジェクトを適切に展開したおかげで、市場は活気づいています。
さらにベトナムは発展途上国であり、カントー市は都市化の途上にあり、住宅所有の大幅な需要があります。
一人当たりの土地面積の平均統計は低いため、住宅建設への投資の需要やアパート・新都市の建設需要などに応じて、不動産信用も増加しています。
現在、不動産ローンの金利も安定したレベルに維持されており、銀行によって長期ローンの金利は9〜11%/年です。」と述べました。

 年末には、銀行は不動産ローンを制限しましたが、年末の大量消費のニーズを満たすために消費者向け貸付商品に焦点を当てました。新年、不動産ローンのクレジットパッケージが緩和され、人民と投資家にとって好条件が作成されます。不動産業界の専門家の意見は不動産価格が上昇する傾向にあるとき一緒に土地を買い急ぐ一方、不動産価格が横ばいまたは下落するとき、顧客は不動産価格の変動を考慮する傾向にあり、不動産市場も凍結されます。数社の企業と不動産仲介は家や土地を購入予定のお客様に、旧正月後に土地購入に適した時期のアドバイスをします。この時点で、投資家が年頭に幸運を得るために手頃な価格の商品を販売するという習慣があるからです。

 市場がうまく成長すると、投機家はよく「財務レバレッジ」を使用して短期的な投機的利益を得るが、ローンで不動産を購入する顧客はお金を借りることをしっかり考えるべきです。
現在、銀行は担保価値の70〜80%まで融資を実行できます。但し、購入者は不動産の価値の約70〜80%の現金でイニシアチブを取り、20〜30%だけを借りるべきです。
購入者は、できる限り返済能力を超えた不動産購入のためのローンを避ければ、元本と利息を毎月支払うプレッシャーを軽減することができます。

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

マッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。特定都市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


ベトナム現地ニュース記事一覧へ戻る

ニュースアーカイブ

ページ上部へ戻る