ハノイ市の水産加工/養殖産業について

ハノイ市の水産加工/養殖産業について

近年、ハノイの水産業は大きく発展しており、2016年から2020年までの年間平均成長率は7%に達しました。2020年の年間生産量は11万6,573トンで、新型コロナの影響があったにもかかわらず、前年に比べ3.49%増加しています。

市内の水産業は養殖業が中心で、その生産量は11万4,844トンと、水産業全体の大半を占めています。市内では約2万4,000haで養殖が行われており、コイ、ティラピア、ソウギョを中心とした川魚が育てられています。

養殖の集約化などによる生産性の強化

市は、生産性向上を課題の1つに掲げており、養殖の集約化に取り組んでいます。農業・農村開発局によると、市内には面積7,229ha、計60か所の大規模集約養殖施設があり、1haあたりの生産性は市全体平均の約2倍にあたる10〜12トンとなります。同局は、市内10郡における集約養殖施設13件の建設を市に対して助言しており、うちウンホア郡、トゥオンティン郡の2件の建設が完了しました。また、集約養殖施設へのハイテク技術導入にも取り組んでおり、中でも種苗の開発に力を入れています。

加えて、アメリカの技術(IPA)を養殖池63か所で導入し、川魚の養殖過程での給餌量削減や魚病予防によって、1㎥あたり150kg〜200kgの生産が可能となりました。

このほか、稲作と魚の養殖を両立させる稲田養殖や、より生産性の高い養殖池のモデルに移行する姿勢を示しており、ハノイ市では、2025年までに養殖面積2万4,000haを維持しながら、生産量17万〜21万トンを目指すとしています。なかでも、集約養殖施設を面積1万1,500haに拡大し、生産性を1haあたり24トンに引き上げると掲げました。

ハノイの水産養殖

安全性に配慮したVietGapの推進

市では、養殖物の安全性や持続性を高め、農家の収益を向上させるため、ベトナム農業・農村開発省が定めた生産管理基準であるVietGAPの導入を進めています。2019年、ハノイ農業促進センターはVietGAPに基づいた25ha規模の養殖施設を市内5か所に建設しました。また、VietGapを導入した農家世帯に対し種苗代、プロバイオテック代、エサ代の50%を補助する支援策を行っています。2021年4月時点でVietGAPを取得した養殖施設は18か所となりました。

現在、安全な水産商品を安定した価格で販売できるよう、差別化された販売チャネルの構築が求められています。市は、VietGAPのさらなる拡大や、ブランド構築に向けた取り組みを展開していく予定です。

さらに詳細な情報を知りたい場合は
下記よりお問い合わせください。


産業都市カントーの情報を見る

Bizmatchでは、ハノイ市の情報の他にも産業都市カントーの情報も掲載しております。


ハノイ市のマッチング企業リストを見る

Bizmatchでは、日本企業との資本提携や業務提携を希望するベトナム企業の情報をデータベース化し、一部公開しております。ハノイ市の企業を絞り込んで検索することなどもできますので、ベトナム企業についてお調べの方はぜひご活用ください。


ハノイ市の現地ニュース記事を見る

Bizmatchでは、政治・経済・文化、企業活動など、ベトナムの様々な現地ローカルニュースを配信しています。特定都市のニュースを絞り込んで検索することなどもできますので、ハノイ市に関する情報についてお調べの方はぜひご活用ください。


サービスメニューのご案内

Bizmatchでは、ベトナムにおける戦略的なビジネスパートナーを見つけていただくための各種支援サービスをご提供しております。『ベトナムの市場を開拓したい』『ベトナム企業と商談をしてみたい』『ベトナムに取引先を見つけたい』『ベトナムの企業を買収したい』『ベトナム進出のサポートを手伝ってもらいたい』等、ベトナム企業とのマッチング実績が豊富なBizmatchに是非お気軽にご相談ください。


メール会員サービスのご案内

Bizmatchでは、最新のベトナム関連情報や記事更新情報をいち早くお届けする『メール会員サービス(無料)』をご提供しております。PDFフォーマットされたベトナム企業プロフィールデータをダウンロードできる機能など、メール会員は会員限定のWEB機能をすべてご利用いただけます。


首都ハノイ特集記事一覧へ戻る

おすすめ記事

  1.  loading

    2022-3-30

    コメにこだわり30年、ベトナム米を世界に輸出/ホアンミンニャット株式会社

  2. フエ古都

    2022-5-9

    フエ〜「古都」フエの王宮、日本のビール瓶のかけらの壁画のあるカイディン帝廟、ノスタルジックな蒸気機関車が走る(予定)

  3. ハノイ商店

    2022-2-28

    人生のビッグプロジェクト「子育て」のためにベトナムでの仕事と生活を両立/ハノイ商店・森紀子

  4. RECO人材有限責任会社 CEO

    2022-4-27

    ドラマの登場人物に憧れ民間企業に就職、ICT人材コンサルティング会社を設立/レコ人材有限会社CEO・グエン・ビック・フエ

  5. NTQ Solution社代表

    2022-5-13

    日本と世界に知られるベトナム企業となることを夢見るIT企業/株式会社エヌティキューソリューションCEO・ファム・タイ・ソン

ページ上部へ戻る